『Auto Pan』エフェクトを使って音を左右に振ってみよう!

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら
 
 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

『Auto Pan』エフェクトを使って音を左右に振ってみよう!

前回の記事

AbletonLiveで『パンニング』PANを振って音を散らそう

では、

左右への音の振り分けの重要性と、その振り方について

解説をしてみましたが、

今回もその延長になるお話で、『Auto Pan』というオーディオエフェクト

を使ったパンの振り方について解説してみようと思います!

 

前回は音を左右に振り分けて、

楽曲全体のバランスを考えながら音数を増やしていきましょう

というお話をして

「パンニング」という作業をしてみたのですが、

この場合の「パン」の振り分けは、言ってみれば

「固定された位置への配置」というかたちだったのに対して、

今回この記事で解説する『Auto Pan』というオーディオエフェクトは

オート」、つまり「自動で」パンを動かしてくれるものなんですね!

 

つまり、楽曲のなかで『Auto Pan』を設置したトラックの音が

左右に動く、というイメージです。

それにより、どういった効果が期待できるのか?というと

楽曲をより立体的に聴こえさせてくれる、という考え方になります。

 

なんとなくわかりましたか?

 

言葉で説明してもなかなかわかりづらいニュアンスもあるので、

上に貼ってある動画や、以下に貼り付けた画像やサウンドを参考に

聴き比べながら理解を深めていただければと思います。

それではさっそく!

 

『Auot Pan』をトラックにアサインする

では、

前回使用したプロジェクトを使って進めていきますね!

下の画像の赤い矢印の部分の「altoFX」というサウンドが

「Simpler」内のPan設定でそれぞれ左と右に振り分けられているものでしたね!

一度聴いてみましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

はい、このようなループでした。

 

では、2つのトラックに振り分けていた「altoFX」のMIDIクリップを

1つのトラックにまとめて、5番目のトラックはOFF(写真の赤マル)に

してみます。

 

 

 

 

 

そして、MIDIクリップをまとめた4番目のトラックに

Auto Pan』をドラッグしてアサインしてみます。

場所は「Audio Effects」の中ですね↓

 

 

 

 

 

 

すると、画面下のトラックビューにこのようなエフェクトが表示されます。

 

 

 

 

 

 

これで『Auto Pan』のアサインができました!

 

4つのノブの説明

アサインができたので、

Auto Pan』エフェクトについている4つのノブ

  • Amount
  • Rate
  • Phase
  • Shape

について、それぞれの説明をしていきます。

 

まず、一番左の「Amount」ノブ

これは、音声信号に適用されるエフェクトの量、になります。

ここでは分かりやすいように100%に設定してみます。

すると、下の画像のような波形が表れます。

 

 

 

 

 

 

これが「Amount」100%の状態です!

一番振り幅が大きい状態ですね、これをソロで一度聴いてみましょう♪

 

どうですか?

サウンドが左から右へゆっくり往き来しているように聴こえたと思います。

 

では、次に「Rate」について

これはエフェクトの周波数ですね!

左右に振る細かさを調節するノブです。

この周波数を上げれば上げるほど、音が細かく振られるというイメージです。

では、初期設定の「1.00Hz」から「12.6Hz」に上げて聴いてみましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

どうですか?

音がすごく細かく左右に振られているのがわかりますよね!

 

さらにキツくしてみます、全開の「90.0Hz」

 

 

 

 

 

 

 

はい、ここまでいくとちょっと気持ち悪いので・・・

自然に聴かせるのであれば元々の「1.00Hz」あたりでいいでしょう。

 

もしくは!

下の画像の♪ボタンを押すと、BPMに合わせた振り方をしてくれます

赤い矢印で「Rate」を「1」に設定して聴いてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと左右を滑らかに往き来していますね!

 

もうちょっと細かくして「1/2」で聴いてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

すごく自然に左右を滑らかに往き来していますね。

このくらいの設定が自然でいいでしょう。

 

さらに細かく「1/8」にすると、

 

 

 

 

 

 

 

ここまでいくとちょっと細かすぎますね・・・。

 

はい、「Rate」の機能も理解できたことと思いますので、

次の「Phase」ですが↓

 

 

 

 

 

 

ここは、「位相」というまたマニアックな領域になってきますので(笑)、

初心者のうちはここはいじらずにこのままで充分です

 

そして最後に、「Shape」↓

 

 

 

 

 

 

このパーセンテージを上げると、

 

下の画像のように波形がより強化されることになります

 

 

 

 

 

 

これは「100%」の状態ですが、このように波形が強化されることで

サウンドが不自然にもなってしますので、

自然な聴かせ方をするのであれば、ここは「0%」のままで

とくにいじる必要はないのかなと思います。

 

ただ、その下にある4つのボタン↓

 

 

 

 

 

 

ここでは波形の形を変えることができますので、

試してみてもいいかなと思います。

 

例えばこのボタン↓

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと不自然かもしれないですが、サウンドによってはアリかも?

 

では、左下の三角形のボタンはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

こちらは分かりやすい左右の動きでいい感じですね♪

 

では最後に、このボタンをもとの左上の状態に戻して、

ソロを解除し、他のトラックと合わせた状態で

Auto Pan』の効果を耳で確認してみましょう!

 

 

どうですか?

美しい左右の動きですよね♪

これは、固定されたPanでは出せない

Auto Pan』ならではの動き方ですね!

 

まとめ

このようなかんじで、

今回は、『Auto Pan』というオーディオエフェクトを使って

音を左右に振るやり方を解説してみました!

 

このように、Panを振ると言っても、

配置を固定する振り方や

エフェクトを使って細かな設定をして自動で左右に振る分ける

(立体的に音を動かす)

というやり方もありますので、

各トラックにアサインしている楽器のキャラクターに合わせて

Panの設定を楽しんでみてください♪

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend