Ableton Live 10 『コンプレッサー』の初歩的な知識

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。
 
 

Ableton Live 10 『コンプレッサー』の初歩的な知識

今回は、

『コンプレッサー』というオーディオエフェクトについて

このエフェクトがどんなものなのか?

という初歩的な知識と、

主な機能についての解説をしてみたいと思います!

 

以前の記事『Ableton Live 10バスを使ってリバーブをかけてみよう』で、

エフェクトには大きく分けて2種類がある

というお話をしましたが、覚えていますか?

 

  • 元の音を「変化」させるもの
  • 元の音に「付加」させるもの

 

この2種類でしたね!

 

はい、では

この『コンプレッサー』というオーディオエフェクトは

いったいどちらに属するのかというと?

元の音を「変化」させるもの、の方になります!

 

元の音を「変化」させるエフェクトには『EQ(イコライザー)』が

ありますが、

『EQ』に並んでこの『コンプレッサー』は大事なエフェクトであり、

DTMをする以上は避けては通れないエフェクトであり、

同時に、

もっとも扱いが難しいエフェクトの一つでもあります!!

 

MIB生徒
え〜、難しいのぉ・・・

 

ってなると思いますが、

タイトルにもあるように初歩ということで、

ここでは

『コンプレッサー』とは何ぞや?

ということを中心にお話していこうと思います!

 

『コンプレッサー』ってどんなエフェクト?

はい、まずは

元の音を「変化」させるエフェクトである『コンプレッサー』の

役割りについて。

 

『コンプレッサー』は、

カテゴリーで分けるとダイナミクス系」のエフェクト

になります。

 

では、「ダイナミクス系」とはどういうものかというと

「音の強弱」を扱うもののことです。

つまり

音をコンプレス(圧縮)して強弱をコントロールするエフェクト

ということです。

 

『コンプレッサー』と『リミッター』の違いは?

これと似たエフェクトで『リミッター』というものについて

以前の記事

音割れを防ぐ「リミッター」というエフェクトを挿してみよう!

で、解説をしましたが

この『コンプレッサー』が『リミッター』と違う点は何なのでしょうか?

 

それは、

『リミッター』が、大きすぎる音声信号を潰して(圧縮して)

音割れを防いでくれるという役割に対して、

『コンプレッサー』の方は、

大きい音を圧縮して、なおかつ、小さい音を持ち上げて

大きい音と小さいとの差をなくす、または差を少なくする

というのがこの『コンプレッサー』の役割りということになります。

 

もう少し噛み砕いて『コンプレッサー』を説明すると

もう少し噛み砕いて『コンプレッサー』を説明すると、

音楽(楽曲)の中には、

すごく大きな音(例えばキックやスネアなど)と

逆にすごく小さな音(例えばボーカルの囁き声など)が

混じり合っていますよね?

 

こういった強弱がバラバラな音たちを

そのままの状態で再生したら

当然ながら、大きな音が聴こえて、小さな音は聴こえない・・・

ということになりますが、

あなたの好きなアーティストの曲の中にも

実際は小さな音のなずなのにちゃんと聴こえる楽器が必ずあるはずです♩

それはなぜでしょう??

 

それこそが、『コンプレッサー』を使って

音の強弱、つまり、ダイナミクスをコントロールしているから

というわけです!

 

どうですか?

何となくわかってきましたか?

では、以下で『コンプレッサー』の主な機能と

初歩的な使い方をみていきましょう!

 

『コンプレッサー』の主な機能

まず、

『コンプレッサー』はオーディオエフェクト内にありますので、

 

 

 

 

 

 

 

これを

以前に『Drum Rack』の解説の際に使用したプロジェクトの

キックドラムのトラック内にドラッグしてアサインしてみます↓

 

 

 

 

 

すると、

画面下のトラックビューに『Compressor』が表れますので↓

 

 

 

 

並び方は、

左から『EQ』→『Compressor』→『Limiter』となるように

配置してあげましょう。

この理由は、

まず『EQ』で音の補正を済ませてから『Compressor』をかけて

最後に『Limiter』で最終的な音割れを防ぐ

という流れになるからですが、

これに関してはDTMを続けていく中でだんだんと分かってきますので、

ここでは、なんとなくこういう並びにしておくんだな

と覚えておいていただければよいでしょう。

 

『コンプレッサー』の主な機能

  • スレッショルド
  • レシオ
  • アタック
  • リリース

この4つのパラメーターがありますので、

一つひとつみていきましょう。

 

スレッショルド

スレッショルドは、

音声信号がどのレベルまで達したら『コンプレッサー』が効き始めるか

という「効き始め」のポイントを設定してあげる部分(下の画像の赤枠)です。

 

 

 

 

 

 

スレッショルドだけが独立したパラメーターですが、

残りの3つは左側のノブになります↓

 

 

 

 

 

レシオ

レシオは、スレッショルドで設定した「効き始め」のポイントから

どのくらいの比率で音声信号を圧縮するか

という比率を設定するノブです。

 

アタック

次にアタックは、コンプレッサーが効き始めるまでの時間

つまり

効き始めるタイミングを調節するノブです。

 

リリース

最後にリリースは、コンプレッサーの効きを終わらせる時間

つまり

どのくらいの長さでコンプレッサーかけ続けるかのタイミングを

調節するノブです。

 

どうですか?

ここまで、理解できましたか?

 

まとめ

というわけで今回は、

『コンプレッサー』というオーディオエフェクトについて

このエフェクトがどんな役割をしてくれるのか?

という初歩的な知識と、

主な機能についての解説をしてみました!

 

次回は、

この『コンプレッサー』の初歩的な使い方について

解説していきたいと思いますので、

まずはこの記事と動画を見て初歩的な知識を

頭に入れていただければと思います!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend