Ableton Live 10 デフォルト設定のカスタマイズ

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

Ableton Live 10 デフォルト設定のカスタマイズ

今回は、

「Ableton Live 10」を立ち上げて作業に取りかかる際に

自分が作業を始めやすいように

デフォルトの設定をカスタマイズする

やり方について解説してみようと思います!

 

MIB生徒
カスタマイズ?それをするとどういうメリットがあるの??

 

ってなりますよね!

はい、この場合のメリットは、ズバリ『時短です!

 

僕のこのサイト『Make Inspiring Beats』の記事を

読み進めながら、(上に貼ってあるような)動画も観ながら、

熱心にDTM(曲作り)に取り組まれているあなたは

そろそろ自分が作業がする際に、必ず使うインストゥルメントや

頻繁に設定する項目なんかがなんとなく

でてきたのではないでしょうか?

 

そういったときに、

自分が作業を始めやすいように初期設定をカスタマイズしてみましょう!

というお話です。

 

知っていて損はないことだと思いますので、

後々のためにもここで知っておいていただければと思います。

それではさっそく、以下でそのやり方をみていきましょう〜♩

 

難しそうだけど実は簡単で便利!

「カスタマイズ」という響きが、なんとなく

 

MIB生徒
なんか難しそう。。

 

とか、

 

MIB生徒
それって上級者向けじゃないの?

 

と思われるかもしれませんが、

けっしてそんなことはなく

設定自体もいたって簡単なんです!

しかも、すご〜く便利!!

 

 

じゃあ例えば、僕の設定の場合をみてみましょう。

 

僕の場合は、この下の画像のようにあらかじめ5つのMIDIトラックを

作成して適当に自分がわかりやすい名前をつけておきます↓

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに上の「Kick」「Snare」「Hat」にはそれぞれ「Rack」と

付け加えてありますが、これは

それぞれのトラックに「Drum Rack」をアサインしているからなんですね。

 

「Drum Rack」に関してはこちら↓

Ableton Live 10の「ドラムラック」を使ってみよう!

 

そして、アサインしたそれぞれの「Drum Rack」の中には

下の画像の赤マルの部分のように仮で何かしらのサンプル音源を

アサインしておきます↓

 

 

 

 

なぜ、このような設定にしているかというと?

こうすることによって、

毎回毎回するであろう最初の取り掛かりの作業

(MIDIトラックをつくってインストルメントや音源をアサインすることなど)

をスキップできるからです!

僕は、このセッティングを自分が取りかかるプロジェクトほぼすべて

このかたちで始めるので、

予めこの設定にしておけば「Ableton Live 10」を立ち上げた瞬間から

すぐさまこの設定からスタートできるから!なんですね!

 

あとで、ドラムのサンプル音源を差し替える場合も

「Drum Rack」のパッドに別なサンプル音源を

ドラッグしてすり替えればいいだけなので。

 

はい、これが先にお話しした「時短」の意味になります!

 

設定のやり方

では、

設定のやり方について!

これはいたって簡単、一瞬で終わります♩

 

まずは、Live メニューから「環境設定」をクリック

 

 

 

 

 

 

「環境設定」へのショートカットは、『Command』+『,(コンマ)』でしたね!

 

すると、

このウィンドウが開きますので↓

 

 

 

 

 

↑左側のタブから「File Folder」を洗濯し、「保存」をクリック

 

すると、

「デフォルトセットを上書きしてよろしいですか?」

と問われるので↓

 

 

 

 

 

 

 

 

「OK」をクリックすれば設定完了です!

次回「Ableton Live 10」を立ち上げて作業をするときからは、

この時点で設定したセットからすぐさま始められるというわけです!!

 

どうですか?

便利ですよね!!

 

でも、もし

 

MIB生徒
やっぱり元に戻したいなぁー。。

 

という場合は、

もう一度 Liveメニュー から。今度は

「保存」の隣にある「クリア」という方のボタンをクリックすれば

 

 

 

 

 

 

 

 

「ファクトリーデフォルト」つまり「工場出荷状態」に戻すことが

いつでもできます!

 

まとめ

というわけで今回は、

「Ableton Live 10」のデフォルト設定のカスタマイズ

についての利便性とそのやり方について解説をしてみました!

 

ぜひ、このカスタマイズを使って

制作に取りかかる際の時間の短縮に活かしてみてください♪

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend