Ableton Live 10『エクスポート』ファイルの書き出し

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

Ableton Live 10『エクスポート』ファイルの書き出し

今回は、「Ableton Live 10」で制作した楽曲を

第三者に渡したり、サイトにアップロードしたりする場合に必要

1つの音声ファイルとして書き出す方である

エクスポート』の仕方についてなるべくわかりやすく解説してみますので、

上の方に貼ってある動画もぜひ参考にしてみてください!

 

※尚、今回はわかりやすいように「Ableton」を日本語に設定しています。

 

書き出す範囲を選択する

ここでは、例として

前回の「Ableton Live 10でサンプリングをする場合の手順」で

組み立てたループを書き出してみることにします!

 

まずは、書き出す範囲を選択する必要があります。

下の画像の赤い矢印で指し示している「ループバー」↓

 

 

 

 

 

 

 

 

この「ループバー」をクリックすると

下の画像のように全てのトラックが一括して選択されますので

「ループバー」を伸縮させて最終的な範囲を決定します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Liveメニューからオーディオをエクスポート

範囲を決めたら、画面上メニューの「ファイル」から

オーディオ/ビデオをエクスポート」をクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

各種設定の方法

すると、このようなウィンドウが表れますので、

書き出したいトラックを選択します。

 

 

 

 

 

 

 

この場合は、1つの音声ファイルとして書き出したいので

Master」を選択します。

 

以下、全ての項目を理解しなくても大丈夫ですので、

大事な項目だけかい摘んでみていきましょう!

 

次に、「サンプルレート

アナログ信号をデジタルで表現する場合に、アナログの電圧をチェックする1秒あたりのサンプル数。 この数値が大きいほど、アナログ信号をより正確に表現できる。

一般的に音楽業界の標準が「44100」、映像業界の標準が「48000」

とされていますので、「44100」または「48000」どちらか

を選んでおけば間違いありません。

僕はいつも「48000」の方でレコーディングスタジオに

データを持っていきますが、これまでのところ問題はありません。

 

 

 

 

 

 

次に、「ファイルタイプ」

これは正式にレコード会社などにデータを納品する際や

デジタルストアなどにアップロードする際の標準のファイルが

WAV(ウェーブ)ファイル」と呼ばれるものなので覚えておきましょう!

 

 

 

 

 

次に、「ビットデプス」または「ビット深度」

これは簡潔にいうと、最大音量最小音量の差、深さ。

この値が高ければ高いほど音の大小を表現できるというもの。

ここは「24」に設定しておいてよいでしょう。

 

 

 

 

 

次に、「MP3をエンコード(変換)」するかどうかのボタン。

つまり上の「ファイルタイプ」で選んだ「WAV(ウェーブ)ファイル」

の他に「MP3」のバージョンも書き出しますか?という意味です!

「MP3」は私たちが普段「iPod」などの一般的な再生装置で使われる

もっともポピュラーな音声ファイル形式ですね。

必要な場合はこのボタンを『ON』にしましょう!

 

 

 

 

 

 

ここまで設定したら上の画像の「エクスポート

と書かれているボタンをクリック!

 

 

すると、「オーディオファイルを保存」というウィンドウが表れますので

名前をつけて、保存先を指定し、「Save」をクリック!

 

 

 

 

 

操作は以上です!!!

 

書き出したデータを確認する

すると、「asd」と書いてあるファイルも同時に作られますが

これらはあまり大事ではありませんので捨てて大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが「WAV」ファイルの方↓「2.2MB」

 

 

 

こちらが「MP3」ファイル↓「310KB」

 

 

 

パッと耳で聴いたかんじではほとんど差がわかりませんが、

実際のデータは10倍近く変わってきますので

「MP3」の圧縮率というものはすごいですよね!

 

まとめ

ということで今回は、

「Ableton Live 10」で制作した楽曲をオーディオファイルとして書き出す

エクスポート』のやり方について解説してみました!

 

「MP3」のエンコード機能は、手間が省けるのでとても便利ですよね!

 

とは言え、正式に楽曲を納品・アップロードする際には

WAV」ファイルで書き出して、相手様に送るということを

お忘れなく!!!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend