Ableton Live10のMIDIリアルタイムレコーディング

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら
 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

Ableton Live 10でリアルタイムレコーディング!

 
ミニキーボードをUSB経由でMacに接続し、

Ableton Live 10にデフォルトで入っているドラム音源のキットが

MIDI上で鍵盤に振り分けてあるものを鳴らすところまでやってみましたね♪

 

というわけで今回は、

MIDIのレコーディングを実践してみましょう!

 

そもそもDTMのレコーディング方法には大きく2つの種類

  • リアルタイムレコーディング
  • ステップレコーディング

がありますが、今回は前者のリアルタイムレコーディングの方

つまり、メトロノームをピコピコ鳴らしてリアルタイムで鍵盤を叩いていくやり方のことです!

 

ステップレコーディングの解説に関しては次回に。

 

その前に、ミニキーボードを使う上で、一つだけおさらいをしておきましょう。

ミニキーボードの場合、鍵盤の数が少ないので振り分けられた音が全て鳴らない

ということがあります。

その際は、(下の画像)鍵盤の横に付いている「+」「ー」ボタン

 

 

 

 

 

 

 

このようなボタンを押して、「オクターブ」を変えてみると鳴らなかった音が見つかる。

ということでしたよね!

 

オクターブとは?

音楽では、基本的に12種類の「音階」と呼ばれる「高さの異なる音」があります。

「ドレミファソラシ」で表される7つの白い鍵盤と、

その間にある5つの黒い鍵盤、この「ド」から「シ」までの12種類の音の1セットのことを

オクターブ」といいます。

 

 

 

 

 

 

ここまで、理解できましたか?

それでは、さっそくMIDIの録音をしてみましょう!

 

MIDIの録音前の準備

ではまず、前回の、MIDIトラックを作って音源を鳴らしたところまでを

セーブしたものを立ち上げてみます!

アレンジメントビューの画面左の「カテゴリー」から標準装備されている「Drums」を選択し、

右枠の「Drum Hits」の中から「606 Core Kit」を選び、

 

 

 

 

 

 

 

ここにドラッグすると↓

 

 

 

 

 

音源が鳴らせる状態になるんでしたよね!

 

では、いざ「606 Core Kit」の録音に入る前に、

1トラック目にある「Breakbeat」を、

下の画像の赤マルで囲んだ番号のボタンを押して「ミュート状態」にするか、

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もしくは、パソコンの「delete」キーで1トラック目を削除してしまっても、
 

 

 

 

 

 

どちらでも良いでしょう。(あくまでも練習なので!)

その際に録音ボタン(アームボタン)が赤く点灯していることを確かめてください

 

 

 

 

さらに、カーソルを一番先頭の部分に置いておきましょう!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こうすることで、きちんと1拍目から録音が開始されます♪
 
 
テンポはここで自由に変えてくださいね♪
 

 

 

 

 

 

 

では、下の画像の赤い矢印で指した丸ボタン●を押して試しに一度録音開始!!

 

 

 

 

ストップするときは録音ボタンの隣の四角■、再生は三角▶︎でしたね!

では、一旦ストップしてみます!

トラック上に自動的にできたMIDIクリップは削除してOKです。

 

いま、メトロノーム音が鳴って録音がスタートしましたよね?

録音中のメトロノームのON/OFFはこのボタン↓

 

 

 

 

 

 

黄色のときがオンの状態↓

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
録音中のピコピコ音が邪魔なときはこのボタンで消しましょう。
 

さらに、(下の画像)赤い矢印の小さい三角形の部分をクリックすると、

小さなウィンドウが表れるので「カウントイン」の長さを変えることもできます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
MIB生徒
ちょっと待って!カウントインってなに??
 
 
 
はい、カウントインとは、わかりやすく言うと

リアルタイムで録音を開始する前の心の準備をするためのカウントのことですね!

デフォルトでは、「1 Bar」つまり1小節(4拍:1、2、3、4ですね!)

 

基本的には「1 Bar」のままでOKでしょう!

 

というわけで、自分がやりやすいようにメトロノームのセッティングも定まったら

赤枠で囲んだループ(繰り返し再生)ボタンのみONの状態で、

ループの長さを2小節(赤い矢印)に調節

 

 

 

 

 

気をとりなして再び録音開始●!!

 

上書き or オーバーダブ

デフォルトの状態でループをかけて録音を続けると、設定した長さで延々と上書きされて

常に新しいクリップができていくはずです。

 

では、もう一つ別な方法として!

ループを繰り返す中で、どんどん音を重ねて(足して)いく方法があり、

これを「オーバーダブ」という言い方をします。

この「オーバーダブ」を昨機能使って録音したい場合は、

録音ボタンの隣の「+」ボタンを押します!

 

 

 

どちらのやり方でも、自分の好きな方でいいと思います♪

 

では、いずれかのやり方で「606」音源を録音をしたMIDIクリップを見てみましょう。

僕は、リアルタイムでキックを4つ打って途中で止めてみました。

すると、こんなかんじでクリップの長さが中途半端になっています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは、このクリップの右端にカーソルをあてて
 
ループで設定した長さまで揃えてあげましょう。
 

 

 

 

 

すると、下の画像の赤マルのように縦線(グリッドと言います)から

ズレてしまっています。

 

 

 

 

はい、人間が手で叩いているのでどうしてズレがでますよね?

では、その修正の仕方を以下でみていきましょう!

 

録音後のMIDIクリップ内の修正

MIDIを使って打ち込んだクリップを「MIDI クリップ」というんでしたね?

では、いまキーボードで打ち込んだ際のタイミングのズレ

この「MIDI クリップ」を開いて修正していきましょう♪

 

まずは、「MIDI クリップ」をダブルクリック!

 

 

 

画面のボトムの部分、トラックビューが表れましたが、

やはりタイミングはズレズレです。。(笑)

 

タイミングの修正をかけたい部分を、

(この一つ一つを「MIDI ノート」とか「ノート」という言い方をします。)

 

 

 

 

マウスでグルッと選んだ状態にします。

 

そのまま選んだ状態で、尚かつカーソルをこのトラックビュー内に置いた状態で、

両指クリック」または「右クリック」するとこのようなウィンドウが表れます。

(または、「シフト+コマンド+U」でもOKです。)

 

 

 

 

 

 

 

上から2番目の「クオンタイズ設定」をクリック!

 

MIB生徒
ちょっと待って、クオンタイズってなに??

 

クオンタイズとは、こういった録音時のタイミングのズレを修正することです!

 

すると、さらにこんな小さなウィンドウが表れます↓

 

 

 

 

 

OK」を押すと!

 

このように一瞬で修正完了!!!

 

 

 

 

どうですか?簡単でしょう!

「なんか余計だな〜」と思ったノートは、カーソルを置いて「delete」で削除、

「かなりズレてるな〜」というノートに関しては

グリッド(縦線のマス目)単位でマウスで掴んでも移動できます♪

 

録音中にクオンタイズをかけたいときは?

 

MIB生徒
録音中にクオンタイズかけられないのかなぁ〜?

 

はい、

録音した後に直すのが面倒という場合によい方法があります!

 

やり方は、上メニューの「編集」→「録音クオンタイズ」→「16分音符」

(基本的には16分音符がちょうどいい細かさだと思います。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このやり方だと録音中にクオンタイズをかけることができます!

どちらでも、自分のやりやりすい方法でやってみてください♪

 

以上のプロセスで、さらにスネアやハイハットを重ねて

「606 Core Kit」を使って簡単なMIDIのドラムループを組んでみました♪

 

この章のまとめ

とうわけでこの章では、

「Ableton Live 10」にMIDIキーボードを繋いで

MIDIの「リアルタイムレコーディイング」と「クオンタイズ修正までを実践してみました!

 
以下の5つをメモしておこう!
  • DTMのレコーディング方法は大きく2つの種類リアルタイムレコーディイング」と「ステップレコーディング」がある
  • 録音する際には録音ボタン(アームボタン)が赤く点灯していることを確かめる
  • カウントインとは、リアルタイムで録音を開始する前の心の準備をするためのカウントのこと
  • 録音の方法は「上書き」と「オーバーダブ」の2種類がある
  • 録音時のタイミングのズレを修正することを「クオンタイズ 」という 
 

それでは次回は、もう一つの録音方法である「ステップレコーディング」という方法で

このドラムループの上にベース音源を録音してみましょう〜♪

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend