Ableton Live 10ピッチの違うハイハットの打ち込み方

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

Ableton Live 10ピッチの違うハイハットの打ち込み方

今回は、

前回の記事「Ableton Live 10 ベース音にサチュレーターをかける

のなかで使った、僕のデモ曲を再度使って

『ピッチの違うハイハットの打ち込み方』について触れてみようと思います!

 

ここで言う「ピッチ」とは、音程のことですよ!

 

ハイハットのような打楽器に音程をつけるというのは

実際のドラムの演奏じゃそんなことできませんからね、

ものすごくDTM的というか、DTMならでは、ですよね。

 

でも、この手法は聴こえ方がすごくカッコよくて

近年のクラブミュージックやダンスミュージックの楽曲のなかでは

かなり頻繁に取り入れられています。

 

かくいう僕自身も、例えば昨年ユニバーサルミュージックさんより

リリースさせていただいた『R-NABY / On The Way』のなかでも

この手法を使っています↓

(0″37 あたりから入ってくるハイハットに注意して聴いてみてください♩)

 

どうですか、わかりましたか?

それでは、さっそくその作り方をみていきましょう!

 

 

ドラムラックに同じハイハットを複数アサインしてトランスポーズする

まずは、

このサイトではおなじみの『Drum Rack』をMIDIトラックにアサインし

同じハイハットの音源を複数のパッドに割り当てます

 

↓こんなかんじです

 

 

 

 

 

↑「HiHat (7)」という同じ名前のハイハットが複数ありますよね。

 

そしたら、次に『Spectrum』を使って周波数を確認しながら

それぞれのハイハットをチューニングしていきます。

その際に、

その曲のスケール内の音階に合わせると、尚良いでしょう♩

 

この曲はBナチュラルマイナーのスケールなので

音階は、B-C#-D-E-F#-G-A-B です。

 

なのでまずは、メインとなるハイハットを「B」に合わせます。

この音源の場合はもともとが「A#」なので、「+1」にトランスポーズして「B」ですね。

 

 

 

 

 

同じように、他の2つもスケール内の音階「A」と「G」にチューニングしてみます。

こちらが、「−1」で「A」の音程↓

 

 

 

 

 

さらにこちらが、「−3」で「G」の音程にしてみました↓

 

 

 

 

 

はい、以上で3つのハイハットのピッチの設定が完了です!

ではいよいよ、MIDIクリップ内にノートを入力していきましょう♩

 

 

MIDIクリップ内にノートを入力する

ハイハットの打ち込み方に関しては

とくに決まりなどはありませんから、

自分の好きなようにパターンを組み立てていきましょう。

 

その際に、

ところどころ連打したりしながら

同時に音程の違うものを織り交ぜてみましょう。

 

ループ全体だと画像が長〜くなってしまいますので、その後半の一部になりますが

こういったかんじでピッチの違うハイハットのMIDIノートを入力してみました↓

 

 

 

 

では、まずハイハットをソロで聴いてみましょう♩

 

どうですか?

ところどころピッチが違っているのがわかりましたか?

 

では最後に、すべてのトラックを鳴らしてみますので、

このハイハットに注意して聴いてみてみましょう♩

 

どうですか?

ループの中でのいいアクセントになっていますよね♩

 

 

まとめ

というわけで、今回は

「Ableton Live 10」の『Drum Rack』を使って

ピッチの違うハイハットの作り方

について解説してみました!

 

すごくシンプルな方法なので、

ぜひ曲のなかのアクセントとして取り入れてみてくださいね。

詳しいやり方に関しては

目次の上に貼ってある動画を参考にしてください。

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend