Ableton Live 10のMIDIステップレコーディング

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

Ableton Live 10のMIDIステップレコーディング

 

MacBook Proにミニキーボードを接続して

メトロノームを鳴らしながら「リアルタイムレコーディング」をする方法と、

録音後の「クオンタイズ 修正」のやり方について解説してみましたが!

 

DTMのMDIレコーディング方法は大きく2種類

今回は、前回の「リアルタイムレコーディング」で組んだドラムの上に、

DTMにおけるもう一つの録音方法である

ステップレコーディング

というやり方でベース音を重ねて録音していきたいと思います!

 

MIB生徒
リアルタイムの方はわかったけど、ステップって何?

 

はい、そもそもDTMのレコーディング方法には

  • リアルタイムレコーディング
  • ステップレコーディング

大きく2つの種類があるということをお話ししましたよね!

 

リアルタイムレコーディングその名の通りリアルタイムで録音するやり方に対して、

この「ステップレコーディング」の方は、再生を止めた状態で

ひとつひとつのノートを書き込んでいく録音方法ということになります♪

 

MIB生徒
ってことは、今回はMIDI キーボード使わないの?

 

今回の「ステップレコーディング」でもMIDI キーボードを使いながら、

さらにパソコンのマウスとキーボードも併用して録音していきます!

まぁ録音という言い方よりも、入力するというイメージに近いですね。

 

ステップレコーディング

では、さっそく「ステップレコーディング」の作業を進めていきましょう!

 

今回もAbleton Live 10にデフォルトで入っている音源を使ってみましょう♪

まず、アレンジメントビューの左側の「カテゴリー」から「Instruments」を選び、

右枠の詳細欄から「Instrument Rack」を選択してみます。

 

 

 

 

 

 

 

ここを開けると、2番目に「Bass」という項目があり、

さらに「Bass」を開けてみると、一番上に

「Analog Saw Bass」というベース音源があるので、それをトラック内に入れます。

 

 

 

 

 

 

すると、2トラック目に「Analog Saw Bass」というベース音源が立ち上がりました。

 

 

 

 

「リアルタイムレコーディング」と違って、「ステップレコーディング」では、

先にMIDIクリップを作ってしまいます

クリップを先に作り、そのクリップ内でノートの入力作業をしていくというイメージです!

 

ドラムのループと同じ長さにするようマウスでグリッド(縦のマス目)を選択。

 

 

 

 

↑この状態で、

Shift」+「Command」+「M

を同時に押すと、

 

 

 

 

「MIDI クリップ」ができます!

 

そして、この「MIDI クリップ」をダブルクリックすると、

「Analog Saw Bass」のトラックビュー(クリップの中身の詳細)が画面下の表れます。

 

 

 

 

 

 

さらに、鍵盤マークの上にあるこのヘッドフォンのようなマークのボタン(赤マル)

を押すと、青色に点灯するので、この状態をキープ!

 

 

 

 

 

パソコンに接続しているMIDIキーボードの鍵盤を押してベース音を鳴らしてみる♪

この場合は、低い「ラ」の音

 

 

 

 

 

この音を基準にしてベースの音階を「ステップ入力」してみる。

 

MIDIキーボードの「ラ」の音を押さえながら(鍵盤マークの「ラ」が赤い状態ですね)、

パソコンのキーボードの矢印ボタン「➡︎」を押すと!

 

 

 

 

 

こんなかんじに、「➡︎」ボタンを押す毎にMIDIノート(音階こと)が伸びていく!

 

長いかな?と思ったら、逆に「⬅︎」ボタンを押すと短くなります。

 

 

 

 

 

もちろんマウスでも自由に伸縮可能!!

 

パソコンのキーボードの「⬆︎」「⬇︎」で音階の移動(音の高さ)も自由自在!!

 

 

 

 

 

 

もちろんマウスで掴んでも自由に移動可能!!

 

さらに、「Shiftキー」を離して、パソコンの「⬅︎」「➡︎」キーのみだと

ノートの(鳴るタイミングの)移動ができます。

 

 

 

 

 

このようなかんじで、ノートを入力したい場所にカーソルを合わせて

MIDI キーボードの鍵盤を押しながら、パソコンの矢印「⬅︎」「➡︎」ボタンを押して

どんどんノートを増やしてメロディーを組み立てられるんですね!

こういった、入力作業による録音の仕方を「ステップレコーディング」といいます

 

また、この方法では、MIDI キーボードの鍵盤を押したときの強さが

入力したノートに反映されますので、

ノートの強さを変えたい場合は、トラックビューの一番下の枠内にある

赤いマッチ棒のような形をした棒の先端の丸い部分(下の画像の赤い矢印部分)を

ドラッグして引っ張ってあげます⤴︎

 

 

 

 

 

 

そうすることによって、

このように自由に各ノートの強さも自由に変えることができますよ♪

ノートの強さによってノート自体の色も変化していきます。

 

 

 

 

 

 

 

はい、今回はMIDI ステップレコーディングという方法で、

こういった簡単なベースのフレーズを入力してみました♪

 

 

 

 

どうですか?

「ステップレコーディング」について理解できましたか?

すごく便利な録音方法ですよね!!

 

この章のまとめ

この章では、

「Ableton Live 10」にMIDIキーボードを繋ぎながら

パソコンのマウスやキーボードも使ってノートを入力しながら録音する

「ステップレコーディング」についての解説をしてみました♪

 
以下の3つをメモしておこう!
  1. DTMのMDIレコーディング方法は大きく2種類
  2. 再生を止めた状態でMIDIノートを書き込んでいく録音方法が「ステップレコーディング」
  3. 「ステップレコーディング」では先にMIDIクリップを作り、クリップビュー内で入力作業する

 

これで、MIDIの「リアルタイム」と「ステップ」の両方を使って

曲の打ち込みができるようになってきましたね!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend