Ableton『シンプラー』を『ドラムラック』の中に入れる使い方

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

Ableton『シンプラー』を『ドラムラック』の中に入れる使い方

以前の記事

Ableton Live「シンプラー」Classicモードを使う

では、『シンプラー』について

それから

Ableton Live 10の「ドラムラック」を使ってみよう!

では、『ドラムラック』について

この2つのインストゥルメントそれぞれの解説をしてみましたが、

今回は!

この2つを組み合わせて、さらに便利な使い方を解説してみようと思います。

 

『シンプラー』を『ドラムラック』の各パッドにアサインする

では、その

便利な使い方とはどういったことなのかと言いますと、

タイトルにも記されているように

『シンプラー』を『ドラムラック』の各パッドにアサインする

ということなんですね!

 

このようなかんじです↓

 

 

 

 

 

 

MIB生徒
『シンプラー』を『ドラムラック』の中に入れるとどうなるの?

 

はい、このやり方をすると

『ドラムラック』のパッドにアサインした音源が、

「イマイチ自分が鳴らしたいように鳴らせない」

とか

「『シンプラー』のクラシックモードのように鳴らしたい」

といった場合に、

『ドラムラック』の各パッドの中で『シンプラー』が機能する

ということなんですね!

 

手順はカンタンです。

下の画像のように、まずは『Simpler』を『Drum Rack』の

各パッドにアサインして、右側の「Drop Sample Here」という部分に

サンプル音源をアサインしていくだけ!

 

 

 

 

すると、このように

見た目は普通に『ドラムラック』を使っているようですが、

各パッドの中で『シンプラー』として機能してくれる

というわけなんですね!

 

 

 

 

まとめ

初めはちょっと考え方がややこしいかもしれませんが、

このやり方を覚えると

『ドラムラック』がいままでよりもすごく使いやすくなりますので、

楽曲制作のなかでぜひ試してみてください♩

 

というわけで、今回は

ちょっとした裏ワザ的な内容

「Ableton Live 10」に内蔵されている2つのインストゥルメント

『シンプラー』を『ドラムラック』の中に入れる使い方

の解説をしてみました!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend