Ableton Live『EQ』を使って要らない周波数帯のカット

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

前回の章では、

DTMでの楽曲制作における『EQ(イコライザー)』とは何なのか?

ということで、

DTMをする上でとても重要なエフェクトである

EQというものについての初歩的な説明をしてみましたが、

なんとなく理解はできましたか?

 

「周波数」とか「Hz(ヘルツ)」とか、

なんだか難しい用語ばかりでてきてすべてを理解するのは

大変だったかもしれませんね!

 

なので、今回は上の方に貼り付けてある動画も混じえて

わかりやすく解説していこうと思います♩

 

高さの違うピアノの単音サンプルの波形を見てみる

ではまず、

周波数」とか「周波数帯」という言葉だけでは

ピンとこない方もいると思いますので、

ここでは例として、高さの違うピアノの単音サンプルを3つ用意してみますね♩

 

Ableton Live 10のデフォルトのサンプルから

画面左上の検索フィールドで「Piano C」と入力して絞りこんでみます。

C=ド、の音ですよ♩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると高さの違うピアノの単音が見つかりましたので、

それぞれをトラック内にアサインしてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の方から順にそれぞれを聴いてみましょう♩

こちらが一番上「C3」↓

 

こちらが真ん中の「C4」↓

 

こちらが一番下の「C5」↓

 

どうですか?だんだんと音が高くなっていきましたよね?

 

この「C3」「C4」「C5」は、それぞれオクターブの違う「ド」の音ですが、

3→4→5と、だんだんと音が高くなっていきましたね⤴︎

はい、つまりこれが「周波数」が違う、

という意味なんですね!!

 

せっかくなので、3つの波形を拡大して見てみましょう。

 

 

 

 

 

一番上の低い音が波形があらく、

高い音になるほどだんだんと波形が細かくなっている様子がわかりますね。

つまり、

『音が高くなる』=『周波数が細かくなる』ということ、なんですね!!

 

トラック内にEQをアサイン(割り当て)してみよう!

では、『周波数』の意味が理解できたところで、

今度は実際に『EQ』というエフェクトをトラック内にアサインして

周波数の動きを目で見てましょう!

 

どこに入っているのかといいますと、

 

 

 

 

 

 

画面左のカテゴリー「Audio Effects」の中に『EQ Eight

というものがあります。

Ableton Live 10のEQ操作では、基本的にこの『EQ Eight』を使いますよ!

 

これをトラック1「ピアノ C3」にドラッグしてアサインすると、

画面下のトラックビューにこんなものが表れました↓

 

 

 

 

 

 

はい、これで「EQ Eight」というエフェクトがトラック1「ピアノ C3」に

アサインされました!!

 

ですが、、この中で波形を見たり、操作するには小さいですよね・・・

なので、

この三角▶︎ボタンを押してみてください↓

 

 

 

 

 

 

すると、こんなかんじに様子が変わります↓

 

 

 

 

この新たに表れたディスプレイを「周波数ディスプレイ」とか

英語だと「フリークエンシー・ディスプレイ」という呼び方をします。

 

そして、上の画像の中で赤い矢印をしている線の部分にカーソルを当てると

上下の矢印マークがでてくるので、その状態で上に引っ張ってあげると

こんなかんじに、広〜くなって見やすくなります!

 

 

 

 

 

 

 

はい、これで『EQ Eight』をトラック1内にアサインして

周波数ディスプレイ」を見ながら操作をする準備が整いました♩

 

「EQ Eight」で周波数の動きを目で見てみよう!

ここからいよいよ実践に入ります!

この状態でトラック1の「ピアノ C3」を一度再生してみると

 

 

 

 

 

こんなかんじで、実際の周波数の動きを目で見ることができるんですね!

上の画像の波形の一番とんがった部分が、「ピアノ C3」の音階である

3オクターブめの「ド」の音の「周波数」である、ということになります♩

 

そして、このとんがり部分にカーソルをおいてみると、

「周波数ディスプレイ」の左下に「263Hz」と出てきて「C3」と

書かれていますよね、このサンプル音源の「ピアノ C3」の名前のとおりです!

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、というわけで「ピアノ C3」は、このとんがり部分を中心とした

周波数帯」で私たちの耳に聴こえている状態なんですね♩

 

ただ、この揺れている波形の全てが「聴こえている」

または、「(DTMにおいて)必要である」というわけではないので、

この必要以外の部分をいまからカットしてみます!

 

「EQ Eight」で不要な周波数帯をカット

「ピアノ C3」の周波数「263Hz」(厳密には262Hz)を中心として

そのの不要な領域をカットすることを「ローカット

そのの不要な領域をカットすることを「ハイカット

とそれぞれ呼びます。

そのまんまの呼び方なので覚えやすいですね!(笑)

 

では、この「ローカット」と「ハイカット」どこでできるのかというと、

トラックビューの『EQ Eight』パラメーターの一番左の「1」の部分

 

 

 

 

 

 

上の画像の「1」の上の▼ボタンを押すと、8パターンのシェイプが選べますので、

赤丸をした2つの両方が「ローカット」になります。

 

上の方の「×4」という方がこれ↓

 

 

 

 

 

シェイプが角度がキツいタイプですね。

 

その下の方は、逆にシェイプがなだらかなタイプになります。

 

 

 

 

 

そして、こちらが「ハイカット」

 

 

 

 

 

 

「EQ Eight」パラメーターの「4」の部分ですね。

「×4」の方を選んでみます。

 

するとこんなかんじの台形のエンベロープ(青い線)になりました!

 

 

 

 

 

あとは、聴きながら実際の「音色」に影響しないところまで

エンベロープを狭めてあげるだけです!

 

下の画像の赤い矢印の部分、数字がそのままトラックビューのパラメーターと

リンクしていますので、わかりやすいですね。

 

 

 

 

 

 

 

先ほど設定した「1」と「4」の数字をそれぞれマウスで掴んで狭めて、

上の画像のようになりましたよ。

 

上の画像の赤マルで囲んだ「100」は「100Hz」の位置で、

それ以下の縦線が急に細かくなっていきますよね?

はい、「100Hzより下の領域」はキックドラムやベースといった「低音楽器の領域」

なので、こういったピアノなどの中域の楽器はなるべく

「100」以下の領域はカットしてあげることが望ましいんですね♩

 

この状態で一度聴いてみましょう♩

処理前の「ピアノ C3」↓

 

処理後の「ピアノ C3」↓

 

ちょっと「ハイカット」しすぎて音がこもってしまいましたね。。

 

なので、「4」の方を「10k」の辺りまで少し拡げてあげます↓

 

 

 

 

 

 

はい、これで「ローカット」と「ハイカット」ができましたので、

処理前と処理後をもう一度聴き比べてみましょう!

 

処理前の「ピアノ C3」↓

 

処理後の「ピアノ C3」↓

 

どうですか?

パッと聴いたかんじはほとんど変わらないですよね?

でも、「EQ」を使って波形で見て、

不要な部分をカットすることができました!

 

これは、ピアノだけで演奏するとか、

少ない楽器で演奏する際には問題ないのですが、

DTMで楽曲を制作するということは色々な楽器パートを

いくつも重ね合わせていくということになるので、

あとあと全体のミックスのことを考えての事前のEQ処理」ということなんですね!!

 

この章のまとめ

こんなかんじで今回は、「周波数が高くなると波形も細かくなる」

ということを目で確かめて、

『EQ』というエフェクトを使って

「ローカット」と「ハイカット」という処理の仕方を実践してみました♩

 

『EQ Eight』を各トラックへアサインして

低域の「1」と、高域の「4」を狭めてあげるだけ

あとあとの音処理の段階になって大きな差がでてきますので、

ぜひこの『EQ Eight』を使って

「ローカット」と「ハイカット」の処理をすることをおすすめします!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend