AbletonLive『サンプラー』と『ピッチベンド機能』の併用

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

AbletonLive『サンプラー』と『ピッチベンド機能』の併用

前回と前々回の記事と動画

Ableton Live 10『サンプラー』の初歩的な使い方

AbletonLive 10「サンプラー」の『サステインモード』

に引き続き、今回も

「Ableton Live 10」のインストゥルメントである『サンプラー』を使う際に

とても便利な機能

『Pitch Bend(ピッチベンド)』という機能について触れてみようと思います!

 

詳しい設定や使い方に関しては、目次の上に貼ってある動画を

参考にしてくださいね!

 

 

『Pitch Bend(ピッチベンド機能)』について

この『Pitch Bend(ピッチベンド)』という機能は、

簡単に言うと

ピッチ(音程)をベンド(曲げる)する機能のことで、

MIDIクリップ内にある機能なので、MIDI音源において使うことができます。

 

動画の中では、

前回の『サステインモード』の解説の際に鳴らしていた

サンプルを使ってみました。

 

 

ピッチベンドのかけ方には2種類がある

ピッチベンド機能をかけるには、2通りの方法があります。

 

ひとつはMIDIキーボードのホイールを使う方法

ひとつは、大きめのMIDIキーボードの左側に付いているホイールを使う方法です。

これは主に、リアルタイムでレコーディングするときに使うやり方です。

 

MIB生徒
僕のMIDIキーボードは小さいからホイールなんて付いてないよ。。

 

という方も、

この機能を使うことができるので安心してくださいね!

 

尚、リアルタイムレコーディングについて忘れてしまったという方は

こちらの記事と動画をみておさらいしてみてくださいね。

Ableton Live10のMIDIリアルタイムレコーディング

 

もうひとつは、MIDIクリップ内で描き込んでいく方法

そしてもうひとつは、MIDIクリップ内で描き込んでいく方法です。

 

こちらは

MIDIキーボードにホイールが付いていないという方や、

綺麗にベンドのエンベロープを描き込んでいきたい方など

Ableton Liveに『サンプラー』がアサインされている方なら

誰もが使用できる方法なので、

どちらかというとこちらの方法がおすすめです。

 

僕自身も『ピッチベンド』機能を使う際は、

ほぼほぼこちらのやり方でやっています。

 

 

曲の中のどういった部分で使うのが効果的か?

では、そもそもこの『ピッチベンド』という機能は、

曲の中のどういった部分で使うのが効果的なのか?

ということですが、

 

これは例えば、

ヴァースからコーラスに入る直前にテンションを上げたいときに

高い音のシンセサイザーにかけたり、

 

または

「808」などのベース音源などを打ち込む際に

アクセントとして、ときおりピッチベンドを入れて「グォーン」と

鳴らしてあげたりすると単調なベースラインの場合の

カッコいいアクセントになり、

インパクトのある低音サウンドをつくることができます♩

 

 

ピッチベンド・レンジで振り幅を変えることができるのが最大のメリット

さらに、

『サンプラー』内にある「ピッチベンド・レンジ」という部分で

ピッチをベンドさせる振り幅を変える・広げることができる

というのが

『サンプラー』と『ピッチベンド』機能を併用する際の

最大のメリットと言えるでしょう!

 

『サンプラー』内の一番右側のタブ『MIDI』という部分をクリックすると

下の画像のような画面になりますので、

 

 

 

 

↑その一番下の青い部分『Pitch Bend Range』という部分で

+24st」まで数値を上げて上げると、

ピッチをベンドさせる振り幅を変える・広げることができるので

試してみてくださいね!

 

 

まとめ

というかんじで、今回は

「Ableton Live 10」のインストゥルメント『サンプラー』の中の

とても便利な機能である

『ピッチベンド』について少し詳しく触れてみました!

 

僕自身も、Live 10にアップデートされる以前、

Live 9のスタンダード版を使っていた頃に

この『ピッチベンド』機能を使いたいがために

単体でこの『サンプラー』を購入しました。(笑)

 

それだけ、便利で魅力的なインストゥルメントなので、

『サンプラー』が内蔵されているバージョンを持っている方は

この『ピッチベンド』や『サステインモード』などの機能を

フルに活用して、1ランク上のトラック制作を目指してみてくださいね!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend