ドラムループに簡単なベースを重ねてみよう!

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールにつきましてはこちらからご覧いただけます)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

ここでは、僕も愛用している「Ableton Live」を使用して解説していきますね。
「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

前回の記事「まずは簡単なドラムのループを組んでみよう!」では、

まず手始めに、楽曲制作の基本中の基本である

2小節のドラムのループを組んでみましたね♪

 

まぁ最初からカッコいいループがつくれなくても全然いいんです!

僕も始めたばかりの頃は自分のつくるループのショボさにヘコんでいましたから(笑)

まずは自分のDAWソフトに慣れていくことです!!

それでは、次の章に進んでみましょう〜♪

 

MIB生徒
ちょっと待って、DAWってなんだっけ??

 

 
DAWの定義を忘れちゃった〜という方は、もう一度この記事を読み返して復習しておきましょう!

 

ドラムループにベースを重ねてみよう!

 

それでは、前回の章で組んでみた2小節のドラムループの上に

今回は、これまた簡単なベースのフレーズを重ねてみましょう!

 

MIB生徒
え、なんか難しそう。。

 

といっても、今回もサンプル音源を使って

前回組んだドラムのループに重ねる(貼り付ける)だけ!

難しく考えずに

とりあえず、ドラムの上に他のパートを「肉付け」する

という感覚をここでは養っていきましょう〜♪

 

前回セーブしたファイル(Live Set)を開く場合は、

フォルダを開くと下の画像のようになるので、

「Ableton Live Set」という部分をクリックして読み込みます。

 

 

 

 

ベースのトラックを追加してみる

それではさっそく、前回組んだドラムだけのループに重ねて

Ableton Live 10にデフォルトで入っているサンプル音源を使って

ベースのトラックを追加してみましょう!

 

各楽器のチャンネルのことをDTMではトラックと呼ぶんでしたよね!

 

前回のドラムのサンプル音源を選んだときと同じように、ベースのサンプル音源を選んでみます。

下の画像の赤い矢印の枠でキーワードを入れて絞り込みをすると見つけやすいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
「Collections」と「Name」の枠の幅は、それぞれの枠の線上にカーソルを置いてドラッグすると自由に変えることができます。

 

画面左側の「Collections」という枠の中の「Samples」

という部分にカーソルを置くと右側の枠の中にサンプル音源の一覧が現れます。

さらに、それぞれの音源の名前の上にカーソルを置くと視聴できます。

 

今回はベースなので「Bass」と入力して絞り込んで視聴し、

「Pulse Bass – F#1」というサンプル音源を、例として使ってみることにします。

 

ドラムのときと同様に、選んだサンプル音源をセッション画面の中に

ドラッグ&ドロップして貼り付けて(一つ貼ったらあとはコピペでいけます♪)、

こんなかんじで今回はキックドラムになぞったパターンで貼り付けてみました!

 

 

同じように他のベース音源も試してみましょう。

 

さらに別な音源も。

 

音源が違うと印象もかなり変わってくるのが分かると思います!

このようなかんじで、自分の好きなベース音源を使ってみてください。

 

ベースのループをドラムと組み合わせてみる

では、上で一番はじめに作ったベース音源「Pulse Bass – F#1」のループを

前回のドラムと組み合わせてみましょう!

 

 

 

 

ここでは、キックとベースを照らし合わせやすいように

トラックの並べ替えをしてみました。

トラックネーム(上の画像の赤い矢印)の部分を掴んだ状態でマウスを上下させると、各トラックを自由に並べ替えることができます。

 

貼り付けたサンプルの長さ調整は、各クリップの左右の端にカーソルを置いてドラッグすると自由に変えることができます。
 
サンプルのコピーはコマンド+C、ペーストする場合はコマンド+V、同じサンプルを何度も何度も貼り付けたい場合はコマンド+Dが有効!

 

ここまでうまくできましたか?

では、同じ音階だけでは退屈なループになってしまうので、

キックドラムのときと同じようにピッチ(音階)を変える練習をしてみましょう!

 

ベースの音階を変えてみる

ドラムとベースの組み立てがほぼ終わってリズムの土台ができてきましたね。

ここでループにアクセントを付けるために、ベースの音階を変えてみましょう!

 

こんなかんじで、ピッチを変えたクリップが分かりやすいように色を変えてみました。

 

 

 

 

 

ピッチの変え方は、クリップをダブルクリックすると画面下にクリップの詳細が現れるので、その中のトランスポーズを上下させるんでしたよね!

 

 

 

 

 

 

どうですか、最後の2つのクリップのピッチをちょっと変えただけで、ループの中の良いアクセントになりましたよね♪

 

また、どんどんトラックが増えてくると各トラックにアクセスするのにスクロールしなければいけなくなってくるので、トラックネームの枠内の左側にある三角マーク(下の画像の赤マルの部分)を押すと、各トラックを折り畳むことができます!

 

 

 

 

 

上の画像の赤丸の部分をクリックすると、各トラックを折り畳むことができますよ!

 

ここまでできるようになってみて、どうですか?ちょっと楽しくなってきましたか?

 

では、この章の最後に、もう一つだけ覚えておきたいいことがあります!

 

トラックのボリュームを調整する

この章の最後に、各トラックのボリュームを調整するやり方を覚えてみましょう。

 

いま組み立てたループで、ハイハットのボリュームが

ちょっとだけ大きいのが気になったので、そのバランスを調整してみます。

 

まず、ハイハットのトラックの右側にオレンジ色の④と番号が書かれたボタンがありますね、

ここのカーソルを置いた状態で右クリック

(MacBookなどのマウスパッドの場合は両指クリック)すると、

小さなウィンドウが開くのでその中から「オートメーションを開く」をクリック!

 

 

 

 

 

 

すると!

サンプル音源の波形の背景の様子がさっきまでと変わって、

何やら赤い点線が出てきませんか?

そしていくつかある機能の中の「トラックボリューム」をクリック。

そう、この点線がトラックのボリュームを調整するバーなんです!

 

 

 

 

 

 

 

さらに、この点線を1クリックするだけで、このボリューム機能が有効化されます!

この場合は、ハイハットの音量を下げたいので、

点線を1クリックして有効化し、線の上にできた青い点をドラッグしてボリュームを下げてみます。

 

 

 

 

 

 

だいたいマイナス4デジベル(音量の単位)くらいでちょうどいいかんじでしたので、

聴き比べてみましょう♪

 

こちらがハイハットの音量調整前

 

そしてこちらが、調節後。音量のバランスが良くなって、スッキリ聴こえますよね!

 
 
音量の単位はデジベルと呼び、dBと書くので、覚えておきましょう。

 

まとめ

この章では、

「ドラムループにベースを重ねてみよう!」ということで、

前回組み立てた2小節のドラムのループに、ベースのサンプル音源を

追加するやり方を実践してみました♪

 

以下の6つをメモしておこう!

 

  • サンプル音源を探すときはキーワードを入れて絞り込みをすると見つけやすい
  • サンプルをセッション画面のトラックに一つ貼り付けたらあとはコピペでOK
  • クリップの端にカーソルを合わせてドラッグすると長さを自由に変えることができる
  • セッション画面右側の「▶︎」ボタンをクリックすると各トラックを折り畳むことができる
  • トラックのボリュームを調整したいときは、トラックボリュームを選択して点線を1クリックし有効化させる
  • 音量の単位はデジベルと呼び、dBと書く

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend