オープンハイハットを入れてドラムのノリを変えてみよう♩

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

オープンハイハットを入れてドラムのノリを変えてみよう♩

以前の記事「Ableton Live 10のMIDIステップレコーディング

のなかで2小節のループを組み立てたのですが、

そのドラムトラックのなかにオープンハイハットを入れていなかったので、

今回は、

オープンハイハットを入れてドラムのノリを変えてみようと思います♩

 

このオープンハイハットというものは、

ループを組み立てる際に、

頻度的にはあまり多く打ち込まれることはないのですが、

これが有るのと無いのとではだいぶノリが変わってくるので

なにげにけっこう大事なパーツなんです。

 

では、

その違いを実際に入力して、鳴らしながら、

違いを聴き比べてみましょう〜!

 

ドラムループの中にオープンハイハットを入れる

ではまず、どんなループだったのか

思い出すために一度聴いてみましょう♩

 

 

 

 

 

 

 

はい、こんなかんじのループでしたね!

ハイハットは8分(1小節の中に8回の細かさ)で打ち込んでありました。

 

 

 

 

 

 

では、上の画像の赤マルの部分の「HiHat Open 606」というパーツを

入力してみたいと思います!

 

今回はちょっとした編集(MIDIノートの付け足し)のみなので、

キーボードは使わずにマウス操作のみでやってみますね。

 

付け足した「オープンハイハット」は、下の画像の赤マルの部分です↓

 

 

 

 

 

2回入れて、赤い矢印の2ヶ所の「クローズドハイハット」の方を

パソコンのキーボードの「delete キー」で消してしまうか、

または数字の「0(ゼロ)」キーを押して上の画像のように

MIDIノートは残したままミュート状態にします。

 

これで一度聴いてみましょう♩

 

ここにせっかくなので、さらに「クローズドハイハット」を

2ヶ所(下の画像の赤マルの部分)だけ足してみます!

 

 

 

 

 

 

この状態で聴いてみましょう♩

 

こちら、編集前の状態をもう一度♩

 

どうですか?

だいぶリズムのノリが変わりますよね!!

 

この章のまとめ

こんなかんじで、ハイハットに少し手を加えるだけで

印象が大きく違ってくるので、

ドラムを組む際にはぜひ「オープンハイハット」を取り入れて

ノリをカッコよく変えてみてくださいね♩

 

またその際には、パソコンのキーボードの数字の「0(ゼロ)」キーを使って

ミュートする方法で聴き比べをしながら編集するととても便利なので、

そちらもぜひ覚えておいて活用してみてください!

詳しくは上の方に貼ってある動画も参考にしてくださいね。

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend