デモ曲の作り方の手順【パート4】曲の大まかな構成を組んでみよう!

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

ループを組んだら曲の大まかな構成を組み立ててみよう!

今回は、

実際の曲の作り方の手順」という部分に焦点を当てるシリーズ

デモ曲の作り方の手順【パート1】Ableton Live 10

デモ曲の作り方の手順【パート2】次に打楽器類を重ねていこう!

デモ曲の作り方の手順【パート3】ループにVoxを重ねてみよう!

のつづき、いよいよ【パート4】になります!

 

【パート4】になります今回の内容は、

「曲の大まかな構成を組んでみよう!」ということです!

 

 

まずは曲の基となるループを増やして尺を伸ばす

曲の基盤となる何小節かのループを組むことができたら

つぎは、

イントロから最初のコーラスまでのだいたいの構成を組んでみましょう。

 

MIB生徒
え〜、いきなり構成を組むなんてムリ・・

 

と思うかもしれませんが、

基盤となるループを組み立てることができたなら

大まかな構成は、意外と簡単に組むことができます

 

なぜなら、そのループをコピーペーストして

どんどん小節数を増やして行けばいいからです。(笑)

Macのキーボード『コマンド』+『C』でループをコピーして、

そのループの後ろに『コマンド』+『V』で何回かペーストするだけです。

 

まず曲の基となるループを増やして、

イントロ部分から最初のコーラスまでの尺を伸ばす!

ここまでできましたか?

 

曲の基本的な構成について

はい、では

コピペでループを増やしたら、次に曲の基本的な構成について

一応みていきましょう。

 

まぁ、これはDTMを始めようとしている方なら

いろんな音楽を毎日聴いてよく分かっていることですので、

手短にいきますね。

 

だいたいの場合、

「イントロ」→「ヴァース1」→「コーラス1」→「ヴァース2」→「コーラス2」

につづいて

「ブリッジ」→「コーラス3」→「コーラス4」→「アウトロ」

といったかたちですよね。

 

もちろん、ブリッジがなかったり最後のコーラスが1回だったりと

これより短い場合や、冒頭にコーラスがくるなんて場合もありますので、

この限りではないですが

だいたいの場合はこういった流れになるかと思います。

 

 

音の抜き差しをして展開をつける

さぁ、曲の尺も伸ばして

「イントロ」→「ヴァース1」→「コーラス1」までの長さにペーストをしたら

つぎは、イントロから最初のコーラス部分までを目標に

各楽器パートの「音の抜き差し」をして

曲に展開をつけていきましょう。

 

展開の付け方の詳細は、目次の上に貼っている動画を参考にしてくださいね!

また、ヴァースの部分での展開につまづいたときは、こちらの

曲の展開につまづいたときはメロディーのオクターブを変えてみよう!

の記事と動画も参考にしてください♩

 

 

さらにコピー&ペーストしてアウトロまでの長さに伸ばす

イントロから最初のコーラスまで

ある程度の展開をつけることができたら、

今度は、その大きなかたまりをさらにコピー&ペーストして

「ヴァース2」→「コーラス2」→「アウトロ」まで

長さを伸ばしていきましょう。

 

あとは、「ヴァース1」のときと同じように

音の抜き差しをしていきます。

はい、

ここまでできたら、ほぼ曲の構成は出来たも同然ですね!!

お疲れさまでした!!!

 

 

まとめ

こんなかんじで、今回は

『デモ曲の作り方の手順【パート4】』として

曲の大まかな構成を組んでみるところまで進めてみました!

あともうひといきですね。

次回は、最終回です。

コーラスの部分と、その前のコーラスに入る部分の効果音などについてです。

それではまた、【パート5】で!!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend