Ableton Live 10キックドラムの胴鳴りをカットする!

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

Ableton Live 10キックドラムの胴鳴りをカットする!

前回の記事

Ableton Live 10キックドラムにEQをかけてみよう!

と、

前々回の記事

Ableton Live 10スネアドラムにEQをかけてみよう!

では、キックとスネア

それぞれに焦点を当てた、EQ処理の初歩的なやり方を

解説してみましたが、

今回は!

この前記2つの記事および動画を見てくれた、という前提で

キックとスネアの兼ね合いを考慮した

EQのマメ知識的な内容になっております♩

 

キックの胴鳴りってなに??

では、タイトルにもある

「キックの胴鳴り」について

まずは解説してみますね。

 

なにやらマニアック話かな・・・と思ったかもしれませんが

「キックの胴鳴り」というのは、

キックドラムの胴まわり、つまり木材の部分が

振動によって鳴ってしまうこと(これを共鳴といいます)

なんですね!

(これは知識として頭に入れておいて損はないので

この機会に覚えておいてくださいね。)

 

はい、その「胴鳴り」の周波数帯が、だいたい200Hz400Hzくらい

つまり!

スネアドラムにとって大事な部分の周波数帯とかぶる場合がある

というわけ。

なので、

場合によっては、「キックドラムの胴鳴り」を

EQでカットしてあげると良い、というわけです!

 

文章と画像だけではなかなか伝わりづらいかもしれませんので

上の方に貼ってある動画もぜひ参考にしてくださいね〜。

それではさっそく!

 

キックの胴鳴りの部分を探ってカット!

では、

前々回のプロジェクトと『EQ Eight』をそのまま使います!

 

 

 

 

 

 

 

以下で、実際にキックの胴鳴りの部分がどこなのか?を探っていきましょう!

 

前回は『EQ Eight』の①と④の部分のエンベロープを変えて

それぞれローカットとハイカットを施してみましたが、

今回は②の中域の部分をマウスで掴んでグイッと持ち上げてみます⤴︎

 

 

 

 

 

 

すると、上の画像のようなエンベロープの形になりますので、

 

今度は下の画像の赤枠の部分の「Q」と書いてあるところの数値を

マウスで掴んでグイッと上げます⤴︎

 

 

 

 

 

ここでは例として「6.02」まで上げてみました。

 

 

 

 

 

すると、先ほどのエンベロープの幅がグッと狭くなります↓

 

 

 

 

 

 

この状態が、周波数帯を絞り込んだ状態です。

つまり、

「Q」は、変更したい周波数帯の幅を調節する機能なんですね。

 

では、この周波数帯を絞り込んだ状態で②を持ち上げてブーストし、

再生しながら200Hz〜400Hzの間を少しずつ移動させて

「胴鳴り」の位置を探っていきます。

 

すると、1つはこの「234Hz」辺り

 

 

 

 

 

 

 

どうですか?

ポンッという音が強調されていますよね?

はい、これが「胴鳴り」の部分です!

 

では、もう1箇所、もう少し高い周波数帯「361Hz」辺りにもありました↓

 

 

 

 

 

 

 

先ほどより少し高めのポンッという音が強調されていますよね?

 

はい、僕はどちらかというと1つ目の「234Hz」辺りのポンッが

気になるので

ここを部分的にカットしてみたいと思います。

「Gain」という量を調節する部分を「-15dB」まで下げてみます↓

 

 

 

 

 

すると、このようにエンベロープの形に反映されます↓

 

 

 

 

 

 

 

 

これが「234Hz」辺りのポンッという部分をカットした状態です↑

 

 

ついでにもう1つの「361Hz」の方もやってみます↓

 

 

 

 

 

こちらもエンベロープの形に反映されます↓

 

 

 

 

 

 

 

はい、これが「361Hz」辺りのポンッをカットした状態です↑

これで「胴鳴り」部分の処理完了です!!

 

まとめ

はい、このように

パッと聴いたかんじは気になりませんが、

実は含まれているキックの「胴鳴り」について

と、その周波数帯の探り方・見つけ方

そして

それをカットするやり方を解説してみました!

 

この「胴鳴り」は、

キックとスネアを同時に鳴らす際や

交互に連打させるときなど

お互いに悪影響を及ぼさないためにも

キックの方の200Hz〜400Hz辺りの一部の周波数帯を

部分的にカットしてあげると良いでしょう♩

 

また、この200Hz〜400Hz辺りの周波数帯は

男性ボーカルに含まれる周波数帯でもありますので、

男性の歌やラップなどを乗せる際にも

後々のことを考えても

もし無駄だな、と思う周波数帯があったら

事前に取り除いておくのが良いと思います!

 

この知識は、

いますぐに活用できなくても

たくさん曲を作っていく過程で、

気になるとき・気づくときがいずれやってくると思いますので、

あなたの未来のDTMライフのためにも

知っていて損はない知識だと思いますので

なんとなく覚えておいていただければと思います!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend