コードについての基礎『ダイアトニックコード』の覚え方♩

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

作曲におけるコードについての初歩『ダイアトニックコード』

前回の記事

CメジャーとAマイナーの構成音は同じ?『平行調』について

では、

メジャーやマイナーといった音楽理論の一つである『スケール』

について触れてみましたが、なんとなく理解はできましたか?

 

今回は!

DTMで作曲をしたいあなたがきっと抱えているであろう疑問

 

MIB生徒
スケールはなんとなくわかったけど、コードにも決まりがあるの?

 

を解決する手がかりになるようなお話をしてみたいと思います!

 

作曲をする上で大事な3つの要素である

  • リズム
  • コード
  • メロディー

のなかの『コード』つまり、いくつかの音を同時に鳴らす『和音』

というものについてのルールも存在するので、

ここではその基礎的な考え方である

『ダイアトニックコード』

と呼ばれるものについて触れてみたいと思います!

 

ダイアトニックコードってなに?

 

MIB生徒
ダイアトニックコードってなに?難しそう。。

 

なんとなく難しそうなニュアンスの言葉ですが、

スケールというものが理解できたあなたには

きっとそれほど難解なものではないでしょう。

 

なぜかというと、

スケールのなかで使われる(使える)コードの種類にはある決まりがあって

それを『ダイアトニックコード』といい

それは

メジャースケールの「7つの音」にそのまま当てはめられる

というわけなんですね。

 

例えば、

『Cメジャースケール』の構成音である「C-D-E-F-G-A-B」

という7つの音階が、そのままコードの種類として当てはめられる

ということなんですが!

 

ただ!

この7つのコードの中には

『メジャーコード』と『マイナーコード』という

2種類が混じり合っていて

その並び方は

スケールのなかの何番目の音であるかによって決まってくる

というわけなんですね。

 

つまり、スケールのなかの何番目のコードがメジャーで

何番目のマイナーか?という決まりごと

これを『ダイアトニックコード』と呼ぶ、ということです!

 

なんとなくわかりましたか?

 

ダイアトニックコードのルール

では、

この『ダイアトニック』並び方のルールはどういったものか?

というと、こうなります↓

 

「I, IIm, IIIm, IV, V, VIm, VIIm-5」

 

音楽理論はローマ数字で表されることが多いので

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、

普通の数字に直すと、こうなります↓

 

「1, 2m, 3m, 4, 5, 6m, 7m-5」

 

小文字の『m』がついている部分がマイナーコード

それ以外はメジャーコードというかたちですね。

 

スケールのお話のときと同様に

明るい響きのコードが「メジャーコード」

暗い・切ない響きのコードが「マイナーコード」

とシンプルに覚えておきましょう!

 

最後の7番目の『-5』というものについてですが、

これは「フラットファイブ」と呼ばれるもので

(メジャーダイアトニックコードの場合は)よほどのことがないかぎりは

使われることはありません。

なので、ここでは「フラットファイブ」は省いてなるべくシンプルに考えましょう。

 

つまり、

一つの曲のなかで主に使われるのは基本的に「6つ」

ということが言えるでしょう。

 

Cメジャースケールに当てはめてみる

では、分かりやすいように

7番目のフラットファイブを省いて

基本となるCをキー(主音)とした『Cダイアトニックコード』を

Cメジャースケールに当てはめてみると、

 

「1, 2m, 3m, 4, 5, 6m」

 なので↓

「C, Dm, Em, F, G, Am」

↑これが、『Cダイアトニックコード』の並び方です。

※わかりやすいように7つ目は省いていますよー。

つまり、

2番目と3番目、それから6番目のコードがマイナーになるんですね。

 

(※『Cダイアトニックコード』をすべて鳴らすとこんなかんじになります↓)

 

 

 

 

 

 

このように

メジャースケールだからと言って

全てのコードがメジャーになるというわけではなく、

メジャーコードとマイナーコードの両方が混じり合っている

ということがわかったと思います!

 

最初はややこしいとは思いますが、

この「1, 2m, 3m, 4, 5, 6m」

というルールさえ覚えておけば、

キーが変わってもこの関係性は維持されますのであとあと応用がききますよね!

 

 

ダイアトニックコードの覚え方

『ダイアトニックコード』の覚え方は、

メジャースケールのルールである

全音→全音→半音→全音→全音→全音→半音

に当てはめてみると!

 

↓このように、12個の音のうちで使うことのできる音階は7つの○の部分です。

○✖️○✖️○○✖️○✖️○✖️○

↑この○の部分に、先ほどと違う『D』のダイアトニックコードを当てはめてみると

D✖️E✖️F#G✖️A✖️B✖️C#

というかんじになり、これに

2番目と3番目、それから6番目にそれぞれマイナーの『m』が入ると、

D-Em-F#m-G-A-Bm(-C#m5)

このように『Dダイアトニックコード』を割り出すことができます。

 

マイナースケールのダイアトニックコードについて

はい、

ここまでが『メジャースケール』におけるダイアトニックコード

でしたが、

なんと!

『マイナースケール』におけるダイアトニックコードも

あるんです・・。

 

ただ、その覚え方は

前回の『平行調』の記事を読んでくれたあなたなら

「Cメジャースケール」と「Aナチュラルマイナースケール」は、同じ構成音である!

ということがわかっていることと思いますので、

 

↓この「Cメジャースケール」の構成音(つまり構成コード)

「C, Dm, Em, F, G, Am, Bm-5」

の並び順を変えて

「Am, Bm-5, C, Dm, Em, F, G」

↑これが「Aナチュラルマイナースケール」のダイアトニックコード

ということになります。

1番目、2番目、4番目、5番目にそれぞれマイナーの『m』がつきますね。

 

(※『Aナチュラルマイナーダイアトニックコード』をすべて鳴らすと↓)

 

 

 

 

 

これを

『全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音』

というナチュラルマイナースケールのルールに沿ってズラしていくことで

その他のナチュラルマイナースケールのダイアトニックコードを

割り出すことができるということですね。

 

つまり、

○✖️○○✖️○✖️○○✖️○

なのでキーを『B』にズラした場合は

「Bm, C#m-5, D, Em, F#m, G, A」

1番目、2番目、4番目、5番目にそれぞれマイナーの『m』がつきます

 

(※『Bナチュラルマイナーダイアトニックコード』をすべて鳴らすと↓)

 

 

 

 

 

 

ハーモニックマイナーの場合は

さらに

「ハーモニックマイナー」の場合は

「ナチュラルマイナー」の7番目のコードのルート音を1つ上げてやるだけなので、

 

先ほどの『B』のナチュラルマイナースケールの場合は

「Bm, C#m-5, D, Em, F#m, G, A」

7番目の音に#が付いて

「Bm, C#m-5, D, Em, F#m, G, A#」

というかたちになる、ということですね!

 

(7番目のコードのルート音を1つ上げてやる↓赤マルの部分)

 

 

 

 

 

 

それぞれのコードの押さえ方について

また、

それぞれのコードの押さえ方については

覚えるしかありませんが(笑)

「ピアノコード表」と検索すると

こういった表がいくつも出てくるかと思いますので↓

 

 

 

 

 

 

 

自分なりに見やすいものを見つけて

保存するなり、プリントアウトして机の手元に置いておくといいでしょう♩

 

まとめ

ということで今回は、

スケールのなかで使われる『ダイアトニックコード』というものが

スケールの「7つの音」にそのまま当てはめられることができ、

 

この7つのコードの中には

『メジャーコード』と『マイナーコード』という2種類が混じり合っていて

その並び方は

スケールのなかの何番目の音であるかによって決まってくる

ということについてなるべく分かりやすく解説してみました!

 

前回の『スケール』と、

今回の『ダイアトニックコード』というものが理解できてくると

作曲をしていく上でとても役に立つことと思いますので、

この記事が参考になれば幸いです!

上の方に貼ってある動画もぜひ参考にしてくださいね!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend