DTMでの楽曲制作における『EQ(イコライザー)』とは何なのか?

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

今回は、DTMをする上でとても重要なエフェクトである、

EQというものについての初歩的な説明をしてみたいと思います!

 

このEQというものは、『音の3大要素』と呼ばれる

「音の高さ」「音の強さ」「音色」のうちの

音色」を変えるエフェクトのことなんですね。

 

MIB生徒
エフェクトって前にもリミッターってやつ使ったよね?

 

そうです!以前にもお話ししたリミッターもこの「エフェクト」と

呼ばれれるもののうちの1つなんです!

 
エフェクトとは、音質を変えたり、音にいろんな効果を与えたりする機能のことでしたね!
 
ではまず、この2文字のアルファベット「EQ」の名前について触れてみましょう!
 

これは「Equalizer (イコライザー)」の略称なんです。

 

ただ、ちょっと長い名前なので

最初の2文字だけに省略して「EQ (イーキュー)」と呼ばれているんです。

 

では、この「EQ (イーキュー)」という名の(音色を変える)エフェクト、

いったいどんな働きをするのかといいますと?

簡潔にいうと、「音の特定の周波数を上げたり下げたりできる」ツールなんですね。

 

MIB生徒
え、、周波数って何??
 
 
ってなっちゃいますよね・・・

なので次に、「周波数とは何なのか??について簡単に触れてみましょうか!

 

音の周波数とは?

私たち人間の耳で聴こえる音にはすべて、

この「周波数というものがあって、

これは例えば、サンプル音源のオーディオクリップを開いたときなどに

クリップビューに表れる波形がありますよね?

目で見るとあぁいったものです!

 

あれはただの波形と思いきや、実はあの波形には「細かさ」があって、

波形が細かいほど音が高い、
 
逆に波形が粗い(あらい)ほど音が低いという特徴があるんですね。

 

では、わかりやすく、「低い音のベース」と「高い音のピアノ」

この2つの波形を見ながら実際に音を比べてみましょう♩

(上がベースで、下がピアノの波形↓)

 

 

 

 
 
「低い音のベース」
 
 「高い音のピアノ」
 
どうですか?

波形のあらいベースの音が低く、波形の細かいピアノの音が高い

ということが確認できましたね♩

 

はい、そして、この波形の細かさを表す単位を「Hz(ヘルツ)」 と表し、

一般的に「周波数◯◯Hz」とか

「◯◯Hzあたりの周波数帯」とか

そういった言い方をされるわけなんですね。

これはラジオの電波なんかでも同じような言い方をしますので

聞いたこともある言葉だと思います!

 

なんだかちょっと難しい話になりましたが、

つまりは音の「周波数」を変化させることによって

「音色」を変えるエフェクトがこの「Equalizer (イコライザー)」というもので、

省略してEQ (イーキュー)」と呼ばれているんですね!!

 

何となくわかりましたか?

 

EQを使って初めにすること

しかし、

最初からいきなり「音色」を変えるなんて言われても

何のこっちゃ??

ってなりますよね。

 

なので、「EQ」初心者のうちは

このエフェクトは

いらない周波数帯のカット

という役割で使い始めてみましょう〜♩

 

MIB生徒
いらない周波数帯のカット??

 

はい、つまり

各楽器パートを鳴らす上で、不要な部分の周波数帯を

「EQ」を使って削ってあげる、ということです。

 

MIB生徒
周波数帯のいらない部分を削ってどういう意味があるの?

 

はい、つまり

それぞれの楽器や音源には

実際には私たちの耳では聴き取ることができないような

必要以外の周波数帯の音が含まれている場合があるんですね。

 

そういった要らない音が曲の中でいくつも増えてくると

あとあと曲の仕上げをするときに邪魔になってきます。

はい、あとあと要らない音同士がぶつかって都合が悪くなってきたりする

というわけなんですね。

 

なので、先にそういった要らない部分をカットしてあげましょう!

という意味なんですね。

 

おわりに

というわけで、今回は少〜し難しいお話になってしまいましたが

次回は動画も混じえて実際に

「音の要らない部分のカット」のやり方を解説していきたいと思います♩

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend