Ableton Live 10の中での『リサンプリング』のやり方

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

Ableton Live 10の中での『リサンプリング』のやり方

僕のこのサイト『Make Inspiring Beats』では、

これまでに『ドラムの組み方』から『コードについての基礎』

そしてコードの上に『メロディー』を乗せるコツも得て

だんだんと曲作りの基盤となる部分は理解できて

すでにいくつかのトラックを制作できているのではないでしょうか?

 

ということで、今回は!

自分が「Ableton Live 10」のなかで作ったフレーズを

自分でサンプリングする『リサンプリング』という方法

について解説してみたいと思います!

 

リサンプリングってなに?

では、まず

 

MIB生徒
サンプリングは分かったけど、『リサンプリング』ってなに?

 

という方もいるかと思いますので、

『リサンプリング』というものはどんなものであって

それが出来るとどういうメリットがあるのか?

を簡単に説明します。

 

『リサンプリング』とは、先の繰り返しになりますが

自分が「Ableton Live 10」のなかで作った(入力した)フレーズを

自分でサンプリングすることを指します。

 

自分が作ったフレーズを『リサンプリング』することのメリットは、

普通に入力して鳴らしている状態では出せないような音の鳴らし方が出来る♩

ということです。

 

どういうことかと言いますと、

今まで「Ableton Live 10」のサンプル音源を

『シンプラー』や『サンプラー』といったインストゥルメントの中に

アサインして使っていたように

自分が作ったフレーズを

『シンプラー』や『サンプラー』の中にアサインして

あたかもサンプル音源のように使える♩

ということです!

 

自分が作ったフレーズなので当然ながら著作権フリー!!

ですよね。(笑)

 

Ableton Live 10の中でリサンプリングをしてみよう♩

では、

『リサンプリング』の理屈がわかったところで

さっそくそのやり方をみていきましょう!

 

まずは、練習として

過去に作ったフレーズを何でもいいので用意してみましょう。

僕は前回に作ったループを使ってみます↓

 

 

 

 

 

 

 

これを『リサンプリング』してみましょう。

 

まず、新しくオーディオトラックを作ります。

 

 

 

 

そして「Ext. In」の右横の▼のタブをクリックして

上から3番目の「Resampling」を選択します。

 

 

 

 

 

 

 

すると、このように「Resampling」待機状態になりますので、

 

 

 

 

一番右側のアームボタンを押して赤くし、

このトラックを録音できる状態にして

 

 

 

 

トラック内で録音をスタートしたいポイントにカーソルを合わせたら、

録音ボタンを押して録音をスタートさせます♩

 

 

 

 

ポイントは、ループ機能を解除して後ろをわざと長めに録音します

 

 

 

 

 

そのあとで、長さを調整してあげると

ピッタリ小節に合ったオーディオクリップができます。

これで、自分が組み立てループとまるっきり同じクオリティーなので

聴いてみましょう♩

 

 

はい、

ここまで出来ればあとはこれまでにサンプル音源を使ってきたことと

同じような感覚で、自分が組み立てた著作権フリーのサンプル音源が

トラック内で使えるようになる、というわけでです!(笑)

 

例えば、

「Reverse」をかけてサンプルを反転・逆再生させたり!

また、

以前に解説したこちらの記事のように↓

『Simpler』Sliceモードでサンプルを簡単にスライス!

『シンプラー』のなかにアサインしてスライスして組み替え

といったことも可能になりますので、

使い方は自分もアイディア次第でいくらでも見つかると思います♩

 

まとめ

というわけで今回は、

「Ableton Live 10の中での『リサンプリング』のやり方」

について解説してみました!

 

この方法を使って、自分で作ったフレーズなどを

サンプル音源の一つとして組み替えたりして

楽曲のなかのスパイス的な要素として活用してみてください♩

 

上の方に貼ってある動画もご覧になって

ぜひ参考にしていただければと思います!!!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend