Ableton Live 10『サンプラー』の初歩的な使い方

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

Ableton Live 10『サンプラー』の初歩的な使い方

以前の記事

Ableton Live「シンプラー」Classicモードを使う

それから

『Simpler』Sliceモードでサンプルを簡単にスライス!

のなかで

Ableton Live 10に内蔵されているインストゥルメント『シンプラー』の

使い方について解説してみましたが、

今回は、これと類似したインストゥルメント『サンプラー』について

その使い方と、『シンプラー』との違いなどをみていきましょう!

 

『シンプラー』と『サンプラー』の違いはなに?

では、まず

名前も昨日も類似しているこの2つのインストゥルメント

『シンプラー』と『サンプラー』の違いはなんなのか?

というところですが、

この2つの関係は、親子のようなもので

『サンプラー』の方が親で、『シンプラー』の方が子供

といったかんじです!

 

要は『サンプラー』の方が機能が充実していて、

『シンプラー』の方はシンプルなつくり

つまり、

『サンプラー』のシンプルなバージョンが『シンプラー』ということですね。

ちょっとややこしいですが

違いがわかりましたか?

 

用途によって使い分けるのがいい

『サンプラー』の方が機能が充実しているとは言え、

そこまでの機能を必要としない楽器パートに関しては

わざわざ『サンプラー』を使うまでもなく

むしろ『シンプラー』を使う方がいい場合もあるでしょう。

 

例えば、

『サンプラー』の場合は、サンプルをアサインすると

必然的に『シンプラー』でいう「Classic Mode」的な鳴り方をします。

つまり、

キーボードを鳴らしている間だけ、あるいはMIDIノートの長さの分だけ

音が再生されるモードのことですね。

なので、「1-Short Mode」の方が都合がいい楽器パートに関しては

むしろ『シンプラー』を使う方がいい、といったようなかんじですね。

 

 

『サンプラー』は音が鳴る範囲「Zone」を指定できる

『サンプラー』が持つ他の機能としては、他に

「Zone」というものがあります。

これは、

『サンプラー』に楽器をアサインして、MIDIキーボードで実際に弾く際に

どこからどこまで鳴らすかという「範囲」を指定できるものです。

 

 

他には「サステインモード」や「ピッチベンド」といった機能がある

さらに、

「サステインモード」と呼ばれる、サンプルをループさせるときに便利な機能や

他にも、

「ピッチベンド」と呼ばれる、ピッチ(音程)をベンド(曲げる)させる機能

などが『サンプラー』の方には含まれています。

 

また、この2つの機能については

追い追い別な記事で詳しく触れてみようと思っています。

 

詳しい操作方法などについては、

目次の上に貼ってある動画をぜひ参考にしてくださいね!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend