Ableton Live『サイドチェイン』の初歩的な使い方

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしています!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

『サイドチェイン』の初歩的な使い方について

今回は、

現代のクラブミュージックのトラック制作において

非常に重要な役割を担うエフェクトである

『サイドチェイン』の初歩的な使い方について

なるべく分かりやすく解説してみようと思います!

 

DTMにおける『サイドチェイン』の役割りとは?

では、

そもそも『サイドチェイン』とはいったい何なのか??

ということについて、簡単に説明してみようと思うのですが、

まず、

クラブミュージックとかダンスミュージックという類の楽曲の中で

最も重要な楽器って何でしょうか?

 

MIB生徒
何なに?ダンスミュージックで最も重要な楽器??

 

はい、つまり「踊るため」とか「ノレるため」に最も重要な楽器のことです。

 

答えは!

ドラムですよね!!

ドラムが弱かったり、聴こえづらかったりしたら

ノレない・・若しくは、ノリづらい・・ですよね??

 

MIB生徒
あ、そういうこと?なんだ、そりゃそうじゃん・・

 

はい、ということで!

曲作りを進めていく過程で

ベースやシンセサイザーといった楽器パートをどんどん重ねていった際に

(曲の中で最も大事な要素である)ドラムの音が

そういった他の楽器に埋もれてしまって

パンチのないサウンドになってしまうことを防ぐための機能

これが、サイドチェイン』の役割りということなんですね!

 

例として、

『サイドチェイン』をかけていないサウンドと

実際に『サイドチェイン』をかけたサウンドとを

聴き比べてみましょう♩

コードを弾いたシンセ音と、ドラムの音との関係に注意して

聴き比べてみて下さい♩

 

まずこちらが『サイドチェイン』をかけていないサウンド↓

 

そしてこちらが『サイドチェイン』をかけたサウンド↓

 

どうですか?違いが分かりましたか?

 

シンセサイザーのコードのトラックをソロで聴いてみましょう♩

 

こちらが『サイドチェイン』をかけていないサウンド↓

 

そしてこちらが『サイドチェイン』をかけたサウンド↓

 

ウネリがある様子が分かりましたか?

『サイドチェイン』の効果を何となく理解できましたか?

この効果と役割りさえ理解できれば、あとは早いです。

あとはどうやって『サイドチェイン』かけるか

を学ぶだけなので、

以下で実際の使い方と設定の仕方についてみていきましょう!

 

オーディオエフェクトのコンプレッサーをアサイン

まず、

「Ableton Live」のオーディオエフェクトのリストの中から

『Compressor(コンプレッサー)』を見つけて、

任意のトラック内にアサインします。

 

MIB生徒
えっ?サイドチェインっていうエフェクトがあるわけじゃないの??

 

そうなんです、

『サイドチェイン』は『コンプレッサー』というオーディオエフェクトの中の

1つの機能のことなんですね!

どちらも設定した値に達したときに、設定した値の分だけ音量を下げる

という効果を得る事ができるエフェクト(機能)なのですが、

この2つには、ちょっとしたニュアンスの違いがあります。

 

DTM用語:ダッキング

あ、ちなみにDTM用語で、こういう効果のことを

ダッキング』と呼びます。

直接の意味は、「身をかがめる」という意味なのですが

身をかがめるように、音量をその都度下げることから

こういった呼び方をするようですので、覚えておくといいでしょう。

 

では、『コンプレッサー』と『サイドチェイン』の違いはというと?

 

『コンプレッサー』の方は、

「アサインしたトラック内のサウンドに対して設定した値の分だけかかる」

のに対して、

『サイドチェイン』の方は、

「ある特定のトラックのサウンドと重なる度に、そのサウンドを邪魔しないように

ダッキングして一時的(瞬間的)に音量を下げる」

というニュアンスの違いになります。

 

ちょっとややこしかったかもしれませんが、

要するに『サイドチェイン』の方は、トリガーとなるサウンドがある

ということです!

ここまで理解できましたか?

 

 

設定する項目は4つ!

『コンプレッサー』を任意のトラック内にアサインしたら

エフェクトの左上にある小さな三角▼ボタンを押してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

今まで隠れていた『Sidechain』という機能が表れましたね!

この『Sidechain』というボタンを押して「ON」の状態にしましょう。

 

 

 

 

 

 

ボタンが黄色になっていたら「ON」の状態です。

そして、その下の『Audio From』というプルダウンメニューから

キックやスネアといったドラムトラックを選択します。

 

 

 

 

 

 

ここで選択したトラックが、『サイドチェイン入力』と呼ばれる

いわゆるトリガー的なトラック(チャンネル)です。

つまり、ここで選んだトラックのサウンド(キック)が発音されたときに限り

その瞬間、瞬間で『コンプレッサー』がかかるというニュアンスです。

 

なので、あとは『コンプレッサー』をかけるときの設定のように

以下の4つの項目

・スレッショルド

・レシオ

・アタック

・リリース

を、調節していきましょう。

 

『サイドチェイン』の基本的な設定は、『コンプレッサー』と同じです!

なので、こちらの『Compressor(コンプレッサー)』に関する過去記事と

そのページ内に埋め込んである動画↓

Ableton Live 10 『コンプレッサー』の初歩的な知識

Ableton Live 10 『コンプレッサー』を使ってみよう

または、

目次の上の動画を観て参考にして下さいね!

 

 

まとめ

というわけで今回は、

ある特定のトラックのサウンドを邪魔しないようにする為に

「ダッキング」させるエフェクトである

『サイドチェイン』の初歩的な使い方についての解説をしてみました!

 

この『サイドチェイン』を使えるようになれば、

あなたのサウンドの鳴り方はこれから劇的に変わるはずです!!

 

『コンプレッサー』同様に、設定の仕方がちょっと難しいかもしれませんが、

DTMをするうえで避けては通れないエフェクトなので

仕組みを理解してコツを掴むまで

自分なりにいろいろと設定を調節してたくさん練習してみて下さいね!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend