Ableton Live 10バスを使ってリバーブをかけてみよう

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

 
↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。
 
 

Ableton Live 10バスを使ってリバーブをかけてみよう

今回は、

「バスを使ってリバーブをかけるやり方」についての

解説をしてみようと思うのですが、

いきなり「バス」とか「リバーブ」とか

新しい用語が2つも出てきましたが!

 

まず、「リバーブ

これは今までとは違ったオーディオエフェクトですね。

では、どう違うのか?というと

エフェクトには大きく分けて2種類があります

 

1つは、 

元の音を「変化」させるもの

例えば、前回の記事

Ableton Live 10キックドラムの胴鳴りをカットする!

などで使用した『EQ』や、

(いずれ解説していく予定の)コンプレッサーといったエフェクトが

元の音を「変化」させるもの、であって

 

もう1つは、

元の音に「付加」させるもの

つまり

残響音などを付加させて聴かせるためのエフェクト

今回解説する「リバーブ」とか、「ディレイ」や「エコー」など

といった大きく分けて2種類のエフェクトがあるんですね!

 

「リバーブ」というエフェクトについて

では、

今回使用する「リバーブ」↓というオーディオエフェクトは

 

 

 

 

 

元の音に残響音を付加させて

楽曲に広がりをもたせる

空間系」のエフェクトというカテゴリーなのですが、

この「リバーブ」のかけ方にも

大きく2つのかけ方があるんです。

 

1つは、

今回はこの「Snare 808」というスネアドラムに

かけてみようと思うのですが、

 

 

この「Snare 808」というトラック内に

直接「リバーブ」をドラッグしてインサートする方法

 

そしてもう1つは、

今回のタイトルにもあります「バス」というものを通してかける方法

という2種類のかけ方があるんです!

 

「バス」を使って「リバーブ」をかけるメリット

はい、

では次に「バス」とはいったい何なんでしょうか?

 

これは、簡単に言うと

「エフェクト専用の通り道」という考え方ですね!

 

ではその通り道はどこにあるのか?

といいますと、

いつも使っている各楽器パートのトラックのずっと下の方↓

 

 

 

 

 

 

この上の画像の赤マルの部分↑

ここが「バス」のトラックで、

つまりは「エフェクト専用」「エフェクト音のみ」のトラック

ということになります。

 

この「A Reverb」と書かれたバストラックには名前のとおり

あらかじめ、デフォルトで「リバーブ」エフェクトが

アサインされています。

 

 

 

 

 

そして、この「A Reverb」という「バス」のトラックを通して

「リバーブ」エフェクトをかけるという

一見するとややこしいやり方のメリットとは何なのか?

というと

同じエフェクトを複数のトラックにかけることができる

ということなんですね!

 

つまり、「A Reverb」の中の「リバーブ」の設定をしてしまえば

あとは

各トラックからどれくらいの量を「バス」に送るかを

調節するだけで

同じ「リバーブ」エフェクトを複数のトラックにかけることができる

というメリットがあるわけです!

 

「バス」を使った「リバーブ」のかけ方

はい、ここまで

この仕組みを理解するがちょっとややこしかったかもしれませんが、

理屈さえ飲み込んでしまえば実際の操作はめちゃめちゃ簡単です!

 

ではさっそく、スネアのトラックの音を

「バス」に送ってみましょう〜!

 

上の方に貼ってある動画もぜひ参考にしてくださいね!

 

スネアのトラックを「バス」に送るには、画面の切り替えをします。

アレンジメントビューからセッションビューに切り替えましょう!

 

MIB生徒
やり方忘れちゃったなぁ〜。。

 

という方は、以前の記事

Ableton Liveアレンジメントビューについて初歩的な説明

を読み返してみてくださいね。

 

というわけで、

画面左上にあるこの3本線↓

 

 

 

 

またはパソコンのキーボードの「tab」ボタンで

アレンジメントビューからセッションビューに切り替えます。

 

このセッションビューに切り替わったら↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤枠で囲んであるスネアのトラックの下の方にある「Sends」

という2つのノブに注目してみてください。

 

この2つのノブのうちの「A」が、

 

 

 

 

 

つまりこの「A Reverb」に送る量を調節するノブなんですね。

 

 

 

 

では、

スネアに「リバーブ」をかけていない元々のドラムループと

「バス」を使ってスネアに「リバーブ」をかけたドラムループ

それぞれを聴き比べてみましょう♩

 

まずは、元々のドラムループ

「A Reverb」に送っていない状態です

 

 

 

 

 

 

 

続いてこちらが

「バス」を使ってスネアに「リバーブ」をかけたドラムループ

ついでにハイハットのトラックも少〜し「バス」に送ってみました。

 

 

 

 

 

 

どうですか?

違いがわかりましたか?

 

1つ目の、元々のドラムループは

奥行きのない平面的な聴こえ方なのに対して

 

2つ目の、「リバーブ」をかけた方は

奥行き広がりがあり、空間を感じますよね♩

ついでに少〜しかけたハイハットの方もうまくなじんでくれています

はい、少量の「リバーブ」は音をなじませる効果があります。

 

まとめ

というわけで今回は、

今までとは違ったタイプのエフェクト

「バスを使ってリバーブをかけるやり方」についての

解説をしてみました!

 

リバーブ」という、空間系の付加エフェクトを

バス」というエフェクト用の通り道を

通してあげることによって

スネアやハイハットといった複数のトラックに

同時にかけることができる

というメリットがあるわけです。

 

この理屈を理解するのが

ちょっとだけややこしかったかもしれませんが

操作自体はいたって簡単だったと思います!

 

また、

「リバーブ」の初歩的な設定については

上の方に貼ってある動画をぜひ参考にしてくださいね!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend