Ableton Live「シンプラー」Classicモードを使う

 

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

Ableton Live「シンプラー」Classicモードを使う

 
前回は、ドラムのサンプル音源を「Simpler(シンプラー)」という

インストゥルメンタルの中に入れて、

ただのオーディオファイルからMIDI音源へと変換させて

ドラムを組んでみる練習をしてみましたね!
 
 
今回も、この「Simpler」を使って、
 

ベースのサンプル音源をMIDI音源として入力する練習を

してみたいと思うのですが、

 
 
その前に!!
 
 
この「Simpler」を使いこなす上で、もっとも重要なこと

頭の中にインプットしておきましょう♩

 

「Simpler」の2つのモード

では、その重要なこととは何なのか?というと

 

「Simpler」には頻繁に使うべき2つのモードがあるんですね。

 

まぁこれ実際には、3つのモードが備わっているのですが、ここでは

頻繁に使うべきという意味での「2つのモード」ということで進めていきますね!

 

(3つ目のモードに関しては、別記事をどうぞ↓)

『Simpler』Sliceモードでサンプルを簡単にスライス!

 

「Classic(クラシック)モード」

まず一つ目が、「Classic(クラシック)モード」

 

こちらは、「MIDI鍵盤を押している間だけ」または「MIDIノートを入力した長さだけ」音が鳴るモードです。

つまり、ベースなどの長いサンプルを使う場合に、「MIDI鍵盤を押している間だけ」音が鳴り、逆に「鍵盤から指を離すと」音が止まるというモードです。

 

 ↓下の画像の赤マルで囲んだタブの部分ですね。

 

 

 

 

 

「1-Short モード」

そしてもう一つが、「1-Short(ワンショート)モード」といって、

 

「MIDI鍵盤を一度押せばサンプル音源の最初から最後まで鳴らす」モード

ということになります。

 

つまり、鍵盤を押さえたり、MIDIノートの入力の長さに関係なく

一度押せば音源の最初から最後まですべて鳴る、という意味ですよ。

 

 ↓下の画像の赤マルで囲んだ真ん中のタブです。

 

 

 

 

 

この2つの違い、わかりましたか?

上の方に貼り付けてある動画の中でも8分くらいで手短に解説していますので、

そちらでも確認していただけたらと思います♩

 

ベース音には「Classic モード」使いこなそう!

では、この2つのモードの違いが理解できたところで、

これから足していく「ベース」には、どちらが向いているのか?

これ、ぼくは圧倒的に「Classic モード」の方をおすすめします!!!

 

なぜか?

 

それは、圧倒的に自由度が高く便利だからです!

 

どう便利か?

 

では、どう便利なのかというと、上の動画でも解説していますが、

要は、音をミュートしたいところ(サンプル音源の後半の部分)を

カットできるからです!

 

つまり、

音を鳴らしたい長さだけMIDIノートに入力すれば

サンプル音源の後半の余計な部分を自由にカットして

必要な範囲だけを鳴らすことができるからです!

 

これを、逆に「1-Short モード」に設定していると、

MIDIノートに入力した長さに関係なく、

サンプル音源の長さの分だけすべて再生されてしまうので

こういった長さの調節が効かなくなる、ということなんですね!

 

これ、場合によっては、すごく歯切れの悪いベースサウンドになってしまう

恐れがあるというわけです。

 

この章のまとめ

このように、「Simpler」の中の小さなタブボタン1つを切り替えるだけで

こんなにサウンドのノリやグルーブ感がだいぶ変わってくるんです!

 

逆に、

この2つのモードをうまく使い分けることができれば

今までよりも細かいニュアンスのMIDI入力が可能になってきますよ♩

 

僕のおすすめは、より自由度の高い「Classic モード」ですが、

ぜひこの2つモードを使いこなして自分のものにしてくださいね!

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend