DAWで外部キーボードを使わずにステップレコーディングする方法

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

DAWで外部キーボードを使わずにステップレコーディングしてみる

 
前回の記事「Ableton Live 10のMIDIステップレコーディング」では、

USB経由で外部MIDIキーボードと、パソコンのマウスとキーボードを使って

「ステップレコーディング」をする方法を解説してみましたが、

 

今回は、せっかくなので!

外部MIDIキーボードを使わずに「ステップレコーディング」をする方法

の解説をしてみたいと思います!

 

MIB生徒
でも、キーボードがあった方がやりやすいと思うんだけどなぁ。。

 

はい、もちろんキーボードがあった方がやりやすくていいです!

が、単純な音階の入力や、ちょっとしたMIDI編集の際に

知っておくととても便利なやり方なので、

せっかくなので覚えておきましょう〜♪

 

パソコンのみでMIDI入力もできちゃう

はい、ではさっそく!

準備するものはDAWソフトがインストールされたパソコンのみです!

このやり方は、どんなDAWソフトでも基本的に同じ考え方(仕組み)なので、

覚えておいて損はないやり方と言えるでしょう〜。

 

MIB生徒
キーボードなしでもできるってことは、カフェとかでも作業できちゃうかな?

 

はい、そういうことです!

例えば、出先でちょっとしたアイディアが浮かんだ💡なんてときにも

近くのカフェでメモ的にDAWソフトにフレーズの入力&保存をしておく♪

なんてこともできますよね!!

 

パソコンでのMIDI入力のやり方

では、まずパソコンを起動させてDAWソフトを立ち上げましょう。

僕の場合は、「MacBook Pro 13インチ」+「Ableton Live 10 Suite」

という組み合わせで進めていきますね。

 

前回の章で組み立てたドラムとベースのフレーズがこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、この上にさらに楽器を重ねてみましょう♪

 

前回と同じようにデフォルトで入っている音源を使ってみます。

アレンジメントビュー画面左上の「カテゴリー」の中の「Instrumentals」を選び、

右枠で「Instrument Rack」を選択

 

 

 

 

 

 

 

「Instrument Rack」の▶︎マークを開けると▼

「Strings」というグループがあったので▶︎そこをさらに開ける▼

 

 

 

 

 

 

 

その中に「Rotaviolin」という名前のついたバイオリン音源を視聴して

音色が気に入ったので画面中央の空き部分にドラッグして

MIDIトラックを作ります。

 

 

 

 

 

これで「Rotaviolin」という名前のMIDIトラックが自動でできたので、

 

上のドラムとベースのループと同じ長さに範囲を選択した状態で、

前回覚えたショートカット、Shift」+「Command」+「M」で

一瞬でMIDIクリップを作ります

 

 

 

 

 

 

すると、画面のボトムに「Rotaviolin」のトラックビューが開いたと思います!

 

 

 

 

 

 

そしたら今回も、前回と同じように鍵盤マーク(ピアノロールといいます)の上にある

小さなヘッドフォンマークを押して、青色に点灯させましょう。

 

 

 

 

 

 

この小さなヘッドフォンマークが青色のときが、

ピアノロールの鍵盤がマウスで押して反応する状態なんですね♪

 

この鍵盤マークである「ピアノロール」はわかりやすく例えると

下の写真のように、MIDIキーボードを縦に置いた状態と思ってください。

このような縦置き状態のバーチャル鍵盤というわけです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

では、バーチャル鍵盤である「ピアノロール」をマウスで適当に押してみましょう!

音が鳴りましたよね?

押した鍵盤が下の画像のように赤くなって、「Rotaviolin」の音が鳴るはずです。

 

 

 

 

 

 

次に、ベースのノート(音階のことでしたよね)に合わせて「ラ」の音階を

クリックしてみましょう♪

 

MIB生徒
どうやって「ラ」を探すのー?

 

はい、これは、ピアノロールの鍵盤上か、

その横のトラックビュー内にカーソルを置くと、

カーソルを置いている鍵盤の音がどの音階なのかが

ピアノロールの左側(下の画像の赤マル)に表れるんです!

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

ドレミファソラシ」ではなく

英語表記の

C D E F G A B」になりますので、この点だけ注意してください!!

 

補足として、この「A2」とか「C3」というアルファベットの横の番号は、

12個の音階の1セットである「オクターブ」の高さを示しているんですね。

 

MIB生徒
オクターブは前にも何回かでてきた言葉だよね?

 

ではもう一度、オクターブとは!

音楽では、基本的に12種類の「音階」と呼ばれる「高さの異なる音」があります。

「ドレミファソラシ」で表される7つの白い鍵盤と、

その間にある5つの黒い鍵盤、この「ド」から「シ」までの12種類の音の1セットのことを

オクターブ」といいます。

 

 

 

 

 

 

なので、「A2」とか「C3」という組み合わせで表すことによって

どの高さ(番号)にある、どの音階(アルファベット)なのか、が

別々の電子楽器同士でも分かり合えるんですね!

それがMIDIの素晴らしいところのひとつなんです♪

 

では、ここでは2オクターブ目にある「ラ」にあたる

「A2」をダブルクリックしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

グリッド(縦線のマス目)1つ分のMDIノートができましたね!

 

このノートを選んだ状態で

パソコンのキーボードの「Shift」+「➡︎」、またはマウスを使って少し伸ばしてあげます♪

 

 

 

 

 

 

 

上の画像の「100」が見えますか?

これは音の強弱である「ベロシティー」の大きさを示しているのですが、

このマウスをダブルクリックして作ったノートのベロシティー

全て「100」に統一されるという特徴がありますので、

音の強弱のばらつきがなくなるというメリットがあるんですね!

 

では、同じ要領で「A2」の音階で、さらにMIDIノートを増やしていきます♪

 

 

 

 

 

悪くはないですが、ちょっと「Rotaviolin」の音が大きいようなので、

簡単に音量を調節をする方法をやってみますね。

 

まず、パソコンのキーボードの左側にある「tab」というキーを押してみます。

すると、

今までの「アレンジメントビュー」とは別のビューが現れました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが「Ableton Live」のもう一つのビューである

セッションビュー」という画面なんですね。

 

MIB生徒
え〜、、これも覚えなきゃいけないの〜。。

 

この画面は、もっと曲の構成が出来上がってきたら

音の鳴り具合いの調整を行う画面なので、

初心者のうちはいまからやる、各トラックの「ボリューム調整」を

とりあえず覚えておくだけでいいでしょう!

 

とても簡単なので、やってみましょう。

この「セッションビュー」の「Rotaviolin」が入っている黄色のトラック

この下の方にボリューム調整のつまみ「◀︎」がありますので、

これを少〜し下げてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、これだけです!!

ちょうどいい音量になりましたか?ちょうどいい音量になったら

あとは、先ほどの「tab」キーをもう一度押して

「アレンジメントビュー」に戻ります。

 

この画面の切り替えに関しては、

「tab」キー または Ableton Liveの画面右上(下の画像の赤マル)にある

3本の横線と縦線で切り替えすることもできますので、

どちらかやりやすい方を覚えておくといいでしょう!

 

 

 

 

 

 

これで音量はちょうどよくなりましたが、それぞれのノートが

ちょっと長いなぁ〜と感じました。。

 

もう少し歯切れよくしたいので、ノートの長さを一括して短く変えてみます!

 

まず、長さを変えたいノートをマウスですべて選んで、

 

 

 

 

 

そのうちのノートのどれか(どれでもいい)の右端にカーソルをあてて

「コ」の字のようなものが表れたらマウスを押したままで左にずらすと

全てのノートが一括して編集できますね!

このノートの伸縮は「Shift」+「⬅︎」でもOKですよ!!

 

これで、全てのノートがさっきよりグリッド一つ分だけ少し短くなって

ちょうど良い耳触りの音になってのではないでしょうか♪

 

 

 

 

こちらが長さ変更前↓

こちらがグリッド一つ分短くしたバージョン↓

 

どうでしたか?

ミニキーボードを使わなくても、

ちょっとしたステップレコーディングができましたね♪

 

この章のまとめ

この章では、

「DAWで外部キーボードを使わずにステップレコーディングしてみる」

ということで

パソコンのみでステップ入力をするやり方を実践してみました♪

 
キーボードなしのステップレコーディングについてメモしておこう!
  1.  単純な音階の入力や、ちょっとしたMIDI編集の際に知っておくととても便利
  2.  ピアノロールとは縦置き型のバーチャル鍵盤というイメージ
  3. ピアノロールの上にある小さなヘッドフォンマーク青色にして有効化させる
  4.  マウスをダブルクリックして作ったノートのベロシティーは、全て「100」に統一される
  5. 「アレンジメントビュー」とは別のビュー「セッションビュー」という画面で簡単にトラックのボリューム調整ができる
  6.  「アレンジメントビュー」と「セッションビュー」の切り替えは、「tab」キーまたは画面右上の「3本線の縦横」ボタンでできる

 

今回は説明が長めの記事になってしまいましたが、

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend