【AbletonLive 10.1】新デバイス『チャンネルEQ』

 

こんにちは、NY在住でDJと楽曲Produceを生業としている “DJ Kaz Sakuma” です。

(僕の詳しいプロフィールとNYでの活動などについてはこちらからどうぞ!)

 

このサイトでは、日米のレコードレーベルからの

楽曲リリースを数多くこなしているプロデューサーである

僕自身の経験と知識をもとに、

現代のクラブミュージックのトラック制作についての手解きをしていきます!

 

「Ableton Live 10 Suite」の全機能を使用できる30日間無償体験版DLはこちら

 

↑このYouTubeへのチャンネル登録は→ こちら から1クリックで完了します。

 

【AbletonLive 10.1】新デバイス『チャンネルEQ』

ここしばらく、「Ableton Live」の新バージョン

『10.1』に関しての新機能について触れてきましたが、

今回は、その締めくくりとして

「Ableton Live」の新デバイス(エフェクト)『チャンネルEQ』について

みてみようと思います!

 

この記事をみてくれている熱心なAbletonユーザーの方々なら

ご存知のとおり

「Ableton Live」にはいくつかの『EQ』エフェクトが内蔵されています。

 

僕も過去にこの『EQ』に関する記事をいくつか書いてきました↓

DTMでの楽曲制作における『EQ(イコライザー)』とは何なのか?

Ableton Live『EQ』を使って要らない周波数帯のカット

Ableton Live 10キックドラムの胴鳴りをカットする!

Ableton Live 10キックドラムにEQをかけてみよう!

Ableton Live 10スネアドラムにEQをかけてみよう!

 

これらの記事や動画は、主に『EQ Eight』という種類の

EQエフェクトを使ってきましたが、

今回は、新デバイスである『チャンネルEQ』について

みていきましょう!

 

 

Channel EQをアサインしてみる

この『Channel EQ』は、

どちらかというと『EQ Three』という種類のEQに似ていて

同じように3バンド(低音・中音・高音)のEQです。

 

↓こちらが『EQ Three』

 

 

 

 

 

↓そしてこちらが『Channel EQ』

 

 

 

 

 

同じ3バンドですが、パラメーターが断然見やすいですよね!

 

 

Channel EQの各パラメーター

では、

『Channel EQ』の各パラメーターの機能をみていきましょう。

 

Low

まず、はじめにローエンドから

↓この「HP 80 Hz」という部分を押すと黄色になります。

 

 

 

 

 

↑この機能を「一次ハイパスフィルター」といい

周波数80Hz(ヘルツ)以下をボタン一つでカットすることが出来ます。

 

↓そして、その下がローエンドのブーストおよびカットをするノブ

 

 

 

 

 

↑上に「15 dB」まで

↓下に「-15 dB」まで、ブーストおよびカットが可能

 

 

 

 

 

 

Mid

次に中域、ミッドレンジのノブで、

↓ブーストは「12 dB」まで

 

 

 

 

 

↓カットは「-12 dB」まで設定可能

 

 

 

 

 

さらに、この中域に関しては、下の赤ワクで囲んだ数値を

ドラッグして変えることによって、周波数帯も変更は可能です。

↓上は「7.50 hHz」まで

 

 

 

 

 

↓下は「120 Hz」までの広い範囲を選択可能です

 

 

 

 

 

 

High

最後に高域です。

高域は、低域と同様に

↓上は「15 dB」までブースト可能

 

 

 

 

 

↓下は「-15 dB」までカットが可能

 

 

 

 

 

そして、その右横の「Output」ノブで出力レベルを調整できるといった

非常にシンプルで効きの良い便利な『EQ』エフェクトです↓

 

 

 

 

 

 

まとめ

ということで今回は、「Ableton Live」の新バージョン『10.1』

で変更・追加された機能に触れてみるシリーズの締めくくりとして

新デバイス(オーディオエフェクト)『チャンネルEQ』の

機能および使い方に関して解説してみました!

 

以前から内蔵されている『EQ Three』などと比べても

かなり使いやすくなったという印象ですね。

 

この『チャンネルEQ』は、

DJ的な使い方だったり、ミックステープなんかを作る際の

簡易的な補正を施すツールとして

とても重宝しそうなエフェクトではないかと

ぼく個人的には思います!

 

とても使い勝手の良い便利なエフェクトですね。

詳しい設定や使い方に関しては

目次の上に貼ってある動画を参考にしてくださいね。

 

最後にお知らせがあります!!

 
□お知らせ

僕のこのサイトに埋め込んでいる動画を超初心者向けに要約し

約2時間にまとめた『動画教材』と『プラスα情報』を合わせたものを

この度、販売させていただくことになりました!!

 

 

 

 

 

 

また、上の動画教材とは別に、僕がオンラインで直々にサポート

Ableton Live」を使っての『DTMを習得する近道』を伝授していく

個別レッスンも『人数限定』となりますが、受け付け開始しています!!

 

 

 

 

 

さらに!

DJを志す方々向けに、主に「Serato DJ」を使った『DJ上達の近道』を

直々にサポートするコースも同時にご用意しておりますので

興味のある方は各画像をクリックして詳細をご覧ください!!

 

 

 

 

 

※それぞれの詳細ページへは画像をクリックするとジャンプします。

 

 

また、ご質問などございましたら、

下のQRコードから僕の『LINE公式アカウント』へのお友達追加をしていただき

そちらからのメッセージもお気軽にどうぞ!!

LINE公式アカウント 登録特典

僕が渡米を決断しNYで現在のような活動を出来るまでに至った苦難の道のりを

赤裸々に綴ったストーリー『決して遅くなかった35歳NYへの挑戦』のPDFを

閲覧・DLできるリンクが配信されます♩

楽曲のリリース情報や活動についてのニュースなどを随時お伝えしております!

Add friend